俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
10/5「東京地下女子刑務所 CHAPTER3・エリア0〈ゼロ〉 」リリース

9月から11月は考えてみたら監督・プロデュース作で6本もの新作が出るリリースラッシュ。道理で忙しいわけだ。

 

いつもシリーズを持続させるのに新しい方向性を示さなければならないと飽きられるので色々考えるわけですが、本作では女子刑務所の中にセックス教団が跋扈しているような世界観にしてみました。これだけでやばそうな…w

そして88、99と連投しているあやなれいさんのセリフだけで出ていた妹(川越ゆいさん)が登場。記憶を失った姉との再会、甦る過去…シリーズ続投でご覧いただいている方にはドラマ的には大いに盛り上がるはずです。

で、教祖役は満を持しての越坂組初登場の若林美保さん(正確には、「ホームジャック」の被害者写真(21才大学生!)が初登場ですが)。教祖役はこの人しかいないですよ、ということで松井理子さんに紹介してもらいました。

 

これらの設定は、個人的な思いとしては、大きな権力の統治下にあっても、一定制限の中で独立する村や都市が江戸時代前まではたくさんあったわけで、歴史上そういうやり方があったことを知っていただきたかったのがあります。経済で言うと堺とかが有名ですが、中世の惣村、最近では、境内都市という寺院や神社を中心に形成された都市があるという概念も生まれているようです。

なので、例えてみれば、ここに登場する女囚たちは、日本という監獄の中で働き続ける私たち自身。この映画の中には、エリア0という自由特区があるけど、私たちにそれがあるのか。自由特区の中にも権力はもちろん存在していて…みたいなことを考えてみると、なかなか骨のある作品になるはずなんですけど。w

 

でもまぁ、所詮ビール片手に楽しむVシネですから難しく考えず気楽に…

いつものように「3」単独で見てもちゃんと完結した話にもなっておりますので、是非是非ご覧ください!

 

予告

 

商品リンクはこちらから

http://amzn.to/2dO3bdj

 

【2016.10.09 Sunday 10:15】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/30 P作「くノ一忍戦帖2 赤い殺意」リリース

朝「ガールズファーム1」の仮編を納品して、昼すぎには「ホームジャック2」の企画を書き上げ、トランボなみのスピードで仕事していると思ったら、2時間も寝てしまった越坂です。ツイッターやFBに投稿している場合ではない。

そう、昨日はプロデュース作「くノ一忍戦帖2 赤い殺意」のリリース日ではないか!

告知遅い!と監督に怒られてしまいそうなので。

 

さて、P的には前作の反省をふまえて、ジャケットをかっこよく(渋く)するのをやめました。w 1作目から時間があると、この軌道修正ができるからありがたい。色をノーマルに近くして肌の修正だけ入れる。やや扇情的なポーズを採用。

すると、どうでしょう、1作目より早い段階で動いている感じがします。ジャケ借りにのっていただいた皆様のおかげです! ありがとうございます!

 

サブタイトル「赤い殺意」も「極妻」だよね?って突っ込まれそうですが、「極妻」以上にストーリーは「赤い殺意」にちゃんとなっているから許して欲しい。こうなったら、「3」は「最後の戦い」になるのが必然ですが。w

 

さて、くノ一もので誰が裏切り者か、をフィチャーするのは目から鱗じゃないかしら。これがいい感じにシナリオ的に工夫されている。まぁ、年間100本くらいご覧いただいているお客さまにはたぶん読めるかも知れないが、これはVシネだから、ビール片手に酔っぱらっても理解できるわかりやすさでいったら、いい線なはず。ストライクゾーンに投げている作品といえる。

 

この作品をきっかけにして、川越ゆいさん、荒木まいさんは、拙作監督作にも登板とあいなった。安定のあやなれいさんとともに活躍する勇姿をぜひご覧いただきたいです!

 

予告

 

今回もAmazonさんのジャケットリンクがつくれないなぁ。

R15に厳しいのかなぁ。需要がなくて縮小されているのかしら。

 

仕方ないので、こちらからどうぞ。

http://amzn.to/2cIb8Rz

 

 

JUGEMテーマ:映画

【2016.10.01 Saturday 20:05】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/2「ホームジャック」リリース

相変わらず忙しい越坂ですが、この忙しさをどう処理するかの参考として「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を見ました。

そうか、お風呂場で校正しているのね。あれはお風呂が2つあるからできるんだよね、きっと。w

レッドパージを受けた有能な脚本家の秘話なのですが、この時、トランボは名前を変えてB級映画に活路を見いだすわけです。ここで悔しいのは、B級映画でもうまくできちゃう所ですね。僕なんか、A級映画つくっている人に「days」はつくれないと思っていて、そこがアイデンティティだったりするので。で、トランボ脚本のB級映画で評判のよい「拳銃魔」を予約しました。さぁ、どんなものなのか…。(とはいえ、ハリウッドはB級映画といえ日本の10倍は予算があるはずなので…)

 

 

ということで、「ホームジャック」告知。

おかげさまですでに続編構想がでてきております。ありがとうございます!

 

越坂的なちょっと工夫は…こういうホームインベーションものは、だいたいが幸せ家族に侵入なのですよ。これを不倫状態にさらに乱入にしてみました。こうすると、旦那に対して単なる被害者ヅラができない妻となるわけでドラマとサスペンスは強くなるはず。

さらに深澤脚本が、旦那の母の話とか周辺を深くしてくれているので、おそらくお客さまが思っているほど、命がけの危機感のあるスリラーではないのですが、その分女性目線から見てもファンタジーになるような仕組みになっているはずです。

 

ということで、よろしくお願いいたします!

 

予告

 

AMAZONのいつものリンクがつけられなかったのでとりあえず下記を貼ります。

http://amzn.to/2crnqcC

 

 

【2016.09.16 Friday 13:25】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8/27「シニモノ調査団」リリース、今更の告知だぜ

ありがたいことに、「ガールズファーム2」のロケが終わったかと思ったら、急ぎの予告の仕事をいただきまして、他のことが一切できずにいた越坂です。なので今更。さらにホントは監督作「ホームジャック」も告知しなきゃなんだけど。

 

というわけで夏には怪奇現象がつきものですが、私のMacもマウスが勝手に動く怪奇現象が多発しておりまして、編集時間もいつもの2倍かかっております。ぜひシニモノ調査団に調査に来ていただきたい。しかしながら、この調査団、かわいいコの調査しかしてない風だからなぁ。「RAPE探偵」の編集も残っているからほんとなんとかしたいんですけど。

 

意外に泣ける話になっていてびっくりした。ま、ドキュメンタリーだからね、実際あった体ですから。w

「この夏、コワ泣けるホラーはこれで決まり!」

 

予告

 

シニモノ調査団

【2016.09.08 Thursday 12:59】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「シン・ゴジラ」が話題ですが「地下室の美女が語る恐怖の都市伝説」リリース

月末月初が「地下女子4」納品と新作「ガールズファーム1」の撮影で何もできていない越坂です。

にも関わらず、「日本で一番悪い奴ら」と「シン・ゴジラ」と「太陽の蓋」は見ておかなきゃと思い、無理矢理見まして。

以下、ネタバレあり。

で、「シン・ゴジラ」面白かったんだけど、「日本で一番悪い奴ら」と「太陽の蓋」のインパクトが凄すぎて。そう、この2つは最近見たことない映画なんですよ。昭和舞台の映画なら、こういう警察官がいるのはよくあるパターンなんですが。

とはいえ「シン・ゴジラ」のすごいのは、自衛隊や米軍の最新兵器で勝てないのに、最後の作戦は◯ンク◯ーリー車ですからね。前半にあんなに写実主義的なのに。w そして、ゴジラを冷やし続けなきゃいけないのが、明らかにあのメタファーですね。

 

さて、暑い夏を冷やす、もうひとつの方法は「地下室の美女が語る恐怖の都市伝説」です。

無理矢理につなぎました。w

三輪ひとみさん、MCシリーズのおそらく最終作になるでしょう。ぜひ「心霊食堂」「心霊食堂2」「悪夢の椅子」とともにご覧いただけたらと思います。

本作は、都市伝説そのものより、都市伝説のその後を描いております、そのへんが新基軸。「口裂け女」の妄想に取り憑かれた女が、「口裂け女」へと変身していく。4時44分に現れる老婆の伝説「ヨジババ」をサスペンス風味の誘拐強盗ものに。意外にハートフルに展開する「小さいおじさん」の真の目的は? 全作ラスト1分から30秒くらいでストーリーがあっと逆転する短編ものの王道の作品たち!

そして、よせばいいのに、シリーズをご覧いただいている方にはおなじみのエンドクレジットバンドが、ノンクレジットで特典収録。やり続けるものですなぁ、メーカーさんから、ノンクレジットで特典につけたら?って話になりまして。w

 

是非ご覧ください。

 

予告

 

地下室の美女が語る恐怖の都市伝説

http://amzn.to/2aVP17h

 

 

【2016.08.09 Tuesday 12:53】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
5/28「さらばあぶないデカオンナ」リリース
プロデュース作です。

浜田由梨さんはプチ天才だと思う。
プチじゃない天才は劇場用映画やハリウッド映画にとられてしまうので、DVD映画で使えることはない。となると、キャスティングで欲しいのはこのプチ天才。ぜひ、「心霊食堂」「リアルお医者さまごっこ」とともに、この「さらばあぶないデカオンナ」をご覧いただきたい。知らなかったら同じ女優に見えない。キャラクターによって顔が変わるのである。たとえるなら二階堂ふみさんタイプ。だが、もちろんふみさんの領域までは届かない。むしろ届いてもらうと劇場用とかに行ってしまうので、うちとしては損失なのでそのままでいいのだが。w

そして共演する古野あきほさんは一度しか会ってないが、努力家に違いない。漢詩でたとえると、由梨さんが李白ならあきほさんは杜甫だ。余計わかりにくいたとえかも知れないが、李白は、絶句と呼ばれる4句構成を得意としたという。対して杜甫は、律詩と呼ばれる8句構成が得意。つまり杜甫は、李白の2倍の量の詩を書く事で、李白に対抗したのだと言う。(というようなことを昔予備校の先生に教わりました。だから努力しなさいってことで。w) 
古野さんが2倍これからDVD映画に出演すれば、プチ秀才となって由梨さんに拮抗する女優として頭角をあらわしてくるだろう。それを応援するかのように古野さんの特典映像を収録させていただいた。

本作は前哨戦である。同じ日テレジェニック出身の二人が初共演! 二人は、今後数年間、DVD映画の世界で活躍が期待できる原石である。そのライバル共演最初の1本をぜひリアルタイムで目撃していただきたい。

予告
 


さらばあぶないデカオンナ [DVD]  


ちなみに、悪役の男たちは、確かにこれを見て、三人、拙作「東京地下女子刑務所4」に起用したが、褒めすぎるとつけあがるタイプなのでここでは黙っておくことにしよう。w

 
JUGEMテーマ:映画
【2016.05.28 Saturday 12:17】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
私のシナリオづくりの原点
「ホームジャック」の編集(SEづけ)をしながら、次回作の企画をさぐっていたら、U-Nextが無料で再び入会させてくれるっていうので、軽く数本見ようと思ったら、ドラマの「運命の人」にハマってしまった。2012年の作品だけど、今こそ見るべき作品。沖縄返還時の密約の裏側を描いた硬派ドラマ。

ドラマって、エッジのあるものを元々やらないんだけど、やったとしても見ると意外にソフト演出なんですよね。1回しか見てないけど「わたしを離さないで」なんかそう。
本作は最終回近くなるとソフトになるけど、それまではスパイ映画見ているみたいでハード。本木雅弘さん演じる弓也という記者がスクープを握ってから追いつめられる様が見事でした。そして、真木よう子さんが怖いです。愛の裏返しなのが余計怖いです。

そんなことで、今日は午前中に実家の片付け。
こんなものがでてきてしまった!


高校1年の時にシナリオセンターの夏期集中講座に行った時のノート。



これは、私のシナリオづくりの原点。
このタイミング偶然じゃないだろ。w
「運命の人」がなぜ面白いか、このノートと照らし合わせて、あなたもより精進しなさい、という天からのメッセージのような気がします。w DVD映画って、とかく勢いでいっちゃうところもありますから。

がんばります…。

 
【2016.05.18 Wednesday 11:23】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
5/3「39days」リリース
「テラフォーマー」見た。中高生が見るにはよさげかなぁ。
「下衆の愛」見た。まわりがみんな見てるから。w 「スターチャイルド」と同じような世界。いっておくけど監督あんなにモテないから。w とはいえ、「グレイトフルデッド」のような「いないだろ」っていう違和感は割と少なめで、キャストが脇も含めてアイデンティティを主張しているのは壮快ですね。なんか映画パロディポストカードも配っていて、映画愛に溢れてます。

さて、「39days」です。今回も「38days」に引き続き「飛び抜けアワード」に入れていただきました。ありがとうございます。
打ち上げで主演、杏堂さんと飲んでいた時、「普通の感覚を持ちたいから、バイトもやってるんです」と言う。聞いたら、私がよく行っている量販店じゃないか!w 女優というと、先の「下衆の愛」に出てくるようなタイプの人を想像しがちになるけど、この普通感覚は素敵。ますます推したい感じになります。(ということで「女子刑務所4」に登場します!)

安定の青山さんは「女子刑務所2」からセリフ倍増。思ったよりコミカルなのが意外でした。
ちなみに「スターチャイルド」の有元さんも登板。「38days」の吉原さんもそうだけど、この女子3番手が実は作品の広がりがつくれて、演出している時は不思議と面白いんですよね。

今回は「SAMPLEビデオながら見日記」にありますように、シリーズ最大の意外な展開が。医院長ISSEIさんと津田さんのかけあいは色んな意味でドキドキでしたけど、まぁ総じて面白い気がしました。「days」どれか1本くらいしか見ていない方にも、是非この展開を目撃していただきたいです。

予告



39days [DVD]

GW越えると忙しくなる。ううっ。
 
【2016.05.04 Wednesday 16:49】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
4/27「くノ一忍戦帖」リリース
AMAZON では写真も載せてくれないくらい期待されていないようですが、まさかの日本映画>エロスで本日17位って、久々にスマッシュヒットの予感が。ありがとうございます!
キャバポケに記事が載っているおかげなのか、ごえさんぽのおかげなのか、監督のしつこい宣伝のおかげなのかはわからないけど、とりあえずぬか喜びしたいと思います。w

実は先日、打ち上げがありまして、川越さんと再会しましたが、モチベーションの高さに感服いたしました。
「時をかける少女」の大林監督のインタビューかコメンタリーだかの中に、当時新人の原田知世さんに、「あなたができることは何か考えてやりなさい」みたいなことを監督が言ったら、徹夜になって大変なスタッフに豚汁を配り出した、みたいなエピソードがあって、それを思い出しました。
そう、芝居ができるできない以上に、現場にムードを作り出す感覚というのは大事。こういうスタッフや共演者に愛されるヒロインの資質を思っている以上に持っている方でした。

さて、作品の方とはいうと、くノ一に期待される王道はすべて入ってますね。まぁ、アクションは「あずみ」のようにはいかないので目をつぶってください。(とはいえ、逆に「あずみ」にはエロスやここまで奇怪な術は出てこないからね)

予告




くノ一忍戦帖 [DVD](PC版)
くノ一忍戦帖 [DVD](携帯版)

川越さんは監督作「東京地下女子刑務所」の3作目にも登板。こちらもご期待のほどを!
 
【2016.04.27 Wednesday 11:51】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4/2「38days」リリース
宣伝ばかりですいません。とはいえ、「ちはやふる 上の句」とか見て、おじさんなのに元気づけられたりして、さすがにROBOT所属の監督小泉徳宏さん、固いですね。

さて、「38days」リリースとなりました。
今回は私的には「権力と正義」がテーマ。前「48.58.68.78」シリーズではコンドーム会社の社員という小市民にすぎなかったセイゴさんですが、今回は警察官ですから、強そうです。w 名前もセイシさんと5から4になっています。
この男、昭和の青春映画のように、めちゃめちゃ悩んでいるんですが、明らかに間違った正義を振りかざし、自分の都合のいいように解釈するという…ま、この国の権力者にも見せてあげたい映画です。でも、見られると、降板させられるかも知れないので、やっぱり見ない方がいいですね。
みなさまは是非ご覧ください。

予告
 

 
38days [DVD]  
 
JUGEMテーマ:映画
【2016.04.02 Saturday 22:34】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP