俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「闇の子供たち」口コミで広めたい | main | 「ぐるりのこと。」あの10年を思い起こさせるすごいいい映画、木村多江も見放題 >>
「ウォンテッド」一歩間違えば「少林サッカー」的なCG世界でジョリーもフリーマンも惹きつけますなぁ
CG世代のアクションというイメージ。これまでアクション映画のCGはアクションをよりリアルにダイナミックに表現するツールとして使われてきたはずなんですが、本作はCGならではの一歩間違えば「少林サッカー」的なコメディでやりそうなアクションをすごくまじめにやっているというような感じで、ある種の新機軸を匂わせています。

こんな中で一流感を際立たせているのは、やはりジョリーやフリーマンの芝居のような気がしてなりません。セクシー的なアクションヒーローではない形で見せるジョリーの貫禄、そして物言わないショットでも説得力を持つフリーマンの視線。そんなものが映画同様生糸が布になるように綴られているのですわ。

ただ「俺なら」的にはシナリオとして突っ込みを入れたくなる逆転劇(父はもう少しうまく立ち回るでしょ)とか、連結部が異常にしっかりしている列車とか、あるんですけど、まぁ、勢いでいっちゃっているので許したくなります。

ちなみに最近トヨタミュージアムで織機の展示を見ましたが、劇中で使われている織機はせいぜい1960〜70年代くらいのもののよう。J・マカボイが横糸を掴んでも、その型を知っているとそんなに早いというイメージにならないんです。でも織機の形はあれが一番かっこいいからね、そっち優先ってことで。

ともかく、CGだけに目を奪われず、芝居もしっかり見てあげて欲しい作品でした。
【2008.09.30 Tuesday 22:09】 author : koshiy2010 | 外国映画2008 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
おもしろかった・・・

ダイハードを初めてみたあのかんどうとはほど遠いけどね
【2008/10/03 2:50 AM】 ko1 |
確かに。
ダイハードは僕らの世代の衝撃でした。
【2008/10/04 3:23 PM】 越坂 |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/878917
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP