俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「20世紀少年」ダイナミズムを放棄し、映画の終わりがはじまる | main | 「闇の子供たち」口コミで広めたい >>
「アクロス・ザ・ユニバース」当時を知っている人にはぐっとくるんだろう
ビートルズでミュージカルってなかなか挑戦的でした。音楽が力強すぎると画が負けちゃう。この作品はそういう意味では合格線を堂々突破。

ただ予告でいうほど、世界観は「見たこともない世界」でなくむしろ「見たことある世界の再現」。ストロベリーフィルードのくだりなど、それでもおおっと思わせる映像はあるのですが、その分ストーリー的には凡庸な気がしました。とはいえ、当時を知っている人にはぐっとくるんでしょうし、価値のある作品だとは思います。

「俺なら」としては、BOY meets GIRL だけなストーリーをもう少しだけ、張りのあるというか、世界とか平和とかいうアプローチに近づけたものにできなかったか悩みます。あまりにも心地よく過ぎ去っていくし。
扱っているテーマは、キャラに即すと、自立と成長、仕事(運動)か恋か、秘めた恋、恋の破局と復活など多岐にわたっているんですけど、個人からユニバースを見るようなところまでは上昇せず、青春群像inたまたまその時代、という見え方がしました。
もちろんそういうつくりだから成功している面も否めませんけど、まぁ、期待としてちょっとだけでも、あの時代の持っていた影なのか、ズレなのか、そんなのを入れて現代に届くテーマを提示して欲しかったという気持ちもありました。
【2008.09.21 Sunday 14:21】 author : koshiy2010 | 外国映画2008 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/875254
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP