俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「恋空」何を見て感動すればいいんだろう | main | 「オリヲン座からの招待状」「続三丁目」の背面史だが… >>
「ヘアスプレー」冒頭から歌いまくるN・ブロンスキーにキュンとなる
冒頭から歌いまくるニッキー・ブロンスキーがいい。疲れを忘れさせてくれる作品。
ただストーリー的にはN・ブロンスキーの青春映画というよりかは、差別のテーマを盛り込みながら主な出演者みんながそれぞれ大円団のラストに向かっていくようなつくり。

かなり満足度は高いのですが、「俺なら」的にはN・ブロンスキーの太っているということと黒人差別というのをリンクさせる展開ができなかったか、と思ってしまいます。差別要素としてまったく別のものだというのはわかっているのですが、N・ブロンスキーが当時差別を受けていた黒人たちと白人と同じように(というか、それ以上に)接することができるのは太っていることで自分が受けてきた差別が根底にあるはずで、そのリンクがあればこそラストの大円団が彼女にとってのカタルシス解放に繋がるはず。
前半で彼女へ対するイジメのようなものがもう少し描かれ、それを黒人生徒がどうしようもできない。そして黒人への差別がもう少し早めに表出し、最初はそれを彼女がどうすることもできない。なんてシーンがあると彼女の精神的成長がもう少し厚くなると思いました。

ミュージカルは実はもともとあんまり好きでない分野だったんですが、日本映画でかなり立ち後れているジャンルでもあるので、何か仕掛けたいなぁ。と思いつつ「君も出世ができる」のビデオを探しにTSUTYAへ。ないんですねぇ。
【2007.12.02 Sunday 10:55】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/720237
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP