俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「デスノート 前編」 | main | 「カーズ」 >>
「明日の記憶」
堤監督はカタカナ表記のユキヒコネームのイメージが強くて、わっ、こういう骨太なの撮るんだと、びっくりです。基本的に時代の流れに乗るのがうまい監督です。
作品は40代以上向けの「私の頭の中の消しゴム」で、出てくる要素はそれと変わらないのですが、舞台が日本で働き盛りの年齢がより深刻さを感じさせてくれます。映画の中の記憶テストに受からない自分にショックを受けつつ、主人公に同化しながら、献身的なかみさんを愛おしく思ってしまう。ってこれ映画にはまってるやん!と気づく自分がいました。くやしいけどパーフェクトなつくり。大滝秀治さんの歌が聴けるのも妙なおトク感があるし。
「俺ならこう撮る」ってないかなぁ。樋口可南子さんの演じる奥さんが献身的すぎるのは狙いだし、一応病人相手でもキレたりしてるし、シナリオには隙がないです。ま、本当に細かいことですが、オープニング近くの「タイムマシン」ショットがほとんど効果的でないことぐらいですか。
【2006.07.05 Wednesday 07:07】 author : koshiy2010 | 日本映画2006 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/295307
トラックバック
私の頭の中の消しゴム
大工チョルス(チョン・ウソン)は工事現場で働く無愛想な男、社長令嬢スジン(ソン・イェジン)は少々おっちょこちょいだが純粋な女性。と思った次の瞬間、「彼女」は前に座っていたおじいさんの頭にものの見事にリバース。
【2006/11/16 3:42 PM】 韓流スター情報館 |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP