俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「初恋」 | main | 「明日の記憶」 >>
「デスノート 前編」
これって満足度高いだろうなぁ。私のとっては金子修介監督は、アイドルものコメディが一番得意と思うんですよ。だけどこれはいいですね。本人出演もいいです。脚本の大石哲也さん、あんまりよく知らないけどうまいですね。松山ケンイチさんは「大和」に出てた人ですね。うーん印象違う、いいことだ。
「俺ならこう撮る」をあえていうと、藤原竜也さん演じる主人公が犯罪のない世界を理想としつつ、自分が窮地に追いやられると罪なき人を死においやる犯罪に手を染めてしまうこと、その葛藤が少ないですね。自分が正義→正義の行動を阻止しようとする者は悪→だから死においやってもいいんだ。というのをもう少し丁寧に描けたらもうすごいのに…と思いました。じゃないと自分の恋人を犠牲にする理由がわからない。「愛していたかわからない」のセリフで片付けるのはちょっと乱暴かなと思いました。
細かい設定の穴はあるような気もするけど、愛嬌の範囲ですね。なかなか楽しめますよ。後半が楽しみです。
【2006.07.02 Sunday 03:01】 author : koshiy2010 | 日本映画2006 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
【2006/11/05 2:05 PM】 - |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
松山 ケンイチ
松山 ケンイチ(まつやま けんいち、1985年3月5日 - )は、青森県むつ市出身の俳優。 血液型はB型。ホリプロ所属。 公式サイトで使われている略称は「松ケン」。「マツケン」ではない。
【2006/10/06 7:02 PM】 気になる言葉 |
デスノート全貌をゲリラ報告!
超人気コミック『デスノート』が、藤原竜也主演で映画化。その映画の後編『デスノート the Last name』の街頭ライブ報告会が9月20日(水)に行われました!さて、どんな報告会だったのか…
【2006/10/28 1:40 AM】 流行早耳情報局 |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP