俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 7/1,2「ストレンジデイズ」東京凱旋上映 | main | 何をいまさら12/2「ドクターZERO 精神分析医・財前零子」リリース >>
7/28「ストレンジデイズ・監禁ワークショップ」リリース

このあと米原さんと会うから慌てて更新している。w 誰かと同じだな。w

ということで、ついにリリースになりました!

告知が遅れた理由はですね、

8月ヒマだと思ってFBとか呟いていたら、お仕事くれる方もおりまして、少しは首がつながったわけですが、「ヒマなら8月中にこれやっちゃいましょう」みたいに9月以降に先延ばししようとしていた件が前倒しになりまして、さらに、「A作品」のPが「海外映画祭狙うから」と女優を口説いた関係上、敷居を一気に上げられて自主的にシナリオを見直そうと、初心に返って久しぶりにシナリオの入門書を読み直したり、なんてことをやっていたら時間は過ぎていっておりました。

そんな中で、また今更「半沢直樹」にはまったり、「セーラー服と機関銃・卒業」を見て、えっ、なんで今このバブリーな話つくるの的に検索したら、原作がその時代らしく納得しつつも、心では解せなくなり、あまり公開当時好きじゃなかった相米監督版「セーラー服と機関銃」を見直して、良さを発見したり、などして、漸く更新できるくらいの精神状態になりました。

「ストレンジデイズ」はゆうばり上映ほどの盛り上がりが東京公開時につくれなかったんですが、強敵裏イベントの中、いらしていただいたお客さまからは激励と貴重なご意見もいただきました。本当にありがとうございます。
久しぶりに自主製作ベースでやったわけですが、これはこれで癖になりそうです。相米監督みたいにもっと好きにやってもいいのかな、とも思ったり。そんなことで普段のDVD映画では味わえない世界をどうぞご堪能いただきたいのです!
予告
【2017.07.31 Monday 14:14】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047674
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP