俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 11/5「夜光華 銀座処女ホステス」「48days」同日リリース | main | 12/3「58days」リリース >>
「紙の月」あの椅子でガラスを割ることで、今まで積み上げてきたリアリティも水の泡
私は防災のビデオとかもつくっている人間で、どうしてもそういう所に目がいってしまう。銀行の描写は緻密だが、ガラスメーカーが見たら、おかしいと思うよ。やってみてよ!絶対割れないから、椅子の方が壊れるから。
大体、明日には新作の原案を出さないとやばいという状況で、この文章を書いてる余裕は私にはないはずなのだ。しかし、言いたい事があれば、先に進めないので書くよ、そりゃ。

実はこの作品は善戦していると思う。言ってみればわりかし古くさいモチーフを現代的に再生している。
だが、細かい所はなかなかおざなりではないか。宮沢さん、池松さんの二人がはじめてことに及ぶのがあれでいいのかと思ってしまう。上映時間等を考えても、何かあれ以上の方策はないのかしら。
心の渇きが、時計などのエピソードで描かれていたが、カラダの渇きはあの映画では描かれていない。池松さんと出会う前に宮沢さんが自慰するようなシーンがあれば、それは一発で解決すると単純に思う。別にPG12のコードを考えて直接見せ無くったっていい。それを感じさせてくればいいのだ。
あるいは、池松さんとカラダの関係になる前に、お金が無くて大学を辞めるエピソードがくれば、それはそれで「与える」ことにこだわる宮沢さんが心動かされるというのもアリだ。つまりエピソードの順番を間違えている。
電車に乗る宮沢さんを追いかけてきただけで、ときめき、最終的に他人のお金を横領するという流れになるのは、あまりに都合が良過ぎるとは思いませんか? あれで女性が落とせるなら、多少条件が揃っていたとしても簡単すぎるわ。

見せ場の横領のプロセスや追い込まれ方は悪くない。演技も宮沢さん以外の人も含めて驚異的にうまくいってる。
ただ、それに頼っているのは、どうかと思ってしまう。
宮沢さん、池松さんのセックスシーンが何度か出てくるけども、この描き分けさえ「ない」ではないか。おそらくこの作品の1/10とか1/100とかの予算でつくっているポルノ映画でも最低やっている性的場面での感情の揺れのようなものが、見当たらないのだ。つまり、モンタージュとしてやってるだけ、これに意味があるのかと思う。

記号的に過去の記憶を作品中に織り交ぜただけで満足しているだけでいいのか。
中学生が親の金を盗んで多額の寄付をした。それに親はどう対応したか、を考えた場合、普通怒ったりということが考えられる。それがなかったら、あんな事件に発展するのは真っ当だが、その親の対応も作品中では描かれていないので、そこもずるい。あそこで本当に描かなきゃいけないのは、そのアフターなはずなのである。

で、最後には、どこかの東南アジアの地に逃げ延びた宮沢さん、もしかしたらあの中学生の時に寄付したから生き延びたお兄さんと再会かしら?となる。ということは、宮沢さんの行動正当化で作品は幕を閉じる。
それはそれでアバンギャルドでいいけど、それなら、観客がそこまで狂ってる宮沢さんスゲーとなるか、それが本人にとっての自由の獲得であり、成長だった、犠牲は大きいけどね、とならないと作品は帰結しないはずではないか。
思う所、これまた都合よく、伏線消化しました。あの男の子が成長したからいいじゃない、なかなかビックリラストでしょ、みたいに作られている気がして仕方ない。一体何がしたいんだろね?
 
【2014.11.21 Friday 02:17】 author : koshiy2010 | 日本映画2014 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047616
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP