俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 「コンプライアンス服従の心理」「LEADERS リーダーズ」職場のリーダーを見る2本 | main | 「TAP 完全なる飼育」ほとんどオールインのようなヤクザ映画 >>
まとめて映画感想
もうすっかり放置でした。すいません。
ひとこと感想で。

「8月の家族たち」
新作の参考に鑑賞。セリフがうまい。うちひしがれる。
濡れた段ボールなんて絶対思いつかないわ。

「サンブンノイチ」
コントっぽくて嫌いじゃない。藤原竜也さんのセルフパロディじゃないかと思うほど。
「デスノート」の予算かけられないって感じが伝わり製作的に泣けるが、
その工夫がボケとツッコミというのが素晴らしい。

「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」
テレビ見てないから、思いはわからんのだけど、竹内結子版よりしっくりきたかしら。
戦車とかはよくわからない発想だった。

「白ゆき姫殺人事件」
ツィッター描写が頑張っていた。キャラ立ちがよく、総じて面白かった。貫地谷しほりさんがおいしい。
井上真央さんが忙しくても作れる映画で、製作的にうまい。
ラストの自殺をどう止めるかだけど、あれはあっけないなぁとやや残念。

「ウォルト・ディズニーの約束」
ちょっと期待しすぎたかも知れない。
ラストのウォルトの語りですべてがうまくいってしまう。つまりライダーキックだ。
もう少し、一つ一つの表現をどう解決したかを見たかったかしら。
でも、少女時代の過去シーンは見応えある。コリン・ファレルのアル中っぷりは絶品。

「それでも夜は明ける」
結局、いい白人が助けるというのが鼻にはつくけど、見応えは十分。
鞭が痛そうで、気軽に使えない気になる。

「ジャッジ」
広告をやってた人間からすると、あるある話の連打。
実際に賞をとったCMが小道具に使われているのには歓喜する。
荒川良々さんがブラジルのTシャツ着ているだけでブラジル人っていう発想はすごい。

「愛の渦」
もう少し心理戦になるのかと思っていたが、意外にストレートだった。
こういうやばそうな感じが映画の醍醐味のひとつなんだけよね。製作者たちに感謝。

「エージェント:ライアン」
ケネス・ブラナー監督らしく、セリフがシェークスピアのよう。
ただ、モスクワのホテルで襲われているのに、のこのこ相手の所に出かけていくのはどうなんでしょう。
渋いけど、サスペンスにはならないよね。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
とにかく、ディカプリオがやばすぎてよろしい。
これが70年代くらいの話ならわかるが、ブラックマンデーのあとだから90年代頭くらいか。

「アメリカン・ハッスル」
ジェニファー・ローレンスにはずれなしだが、本作はギリギリかなぁ。
実際の話なので仕方ないのですが、痛快な騙しはない詐欺ものなんだよね。

「小さいおうち」
これは名作。みんながあらゆる方向から議論できるのが面白い。
戦争に向かう中流庶民の空気感が絶品。
レビューで山田監督には普通のコメディを撮って欲しいなんていうのが書かれていたりするのですが、
山田監督が普通のコメディを撮れないくらい今の時代がやばいってことなんだと思うのです。

「大脱出」
レジェンド映画の皮切りか。スバル座で見たけど、休憩時間のBGMが二人の代表作の連打で、それだけで泣ける。
映画は普通に面白いだけなんだけどね。

「鑑定士と顔のない依頼人」
これ、ストーリーうまいですね。鮮やかな逆転劇。寂しい余生。
しかし恋に溺れて、騙された人生の方が価値があると誰かが言ってましたね。納得。

「利休にたずねよ」
こういう解釈が議論をまきおこしているのね。僕的には、でも拉致シーンは新鮮。
美を意識したこだわりには舌を巻きます。

「17歳」
単なる援交ものにならないのは、理由を閉ざして、ミステリー仕上げにしているのと、
やはりシャルロット・ランプリングの援交相手の妻と対峙するからだろう。
そこで「私もやってみたかった」などと言われる。
17歳の少女もやがて、シャルロット・ランプリングの年齢になるわけで、
その年齢になっても「愛に悩み続けるのよ」という意味もあるだろうし、
大人の思い通りに子どもは育たないのが当然という意味もあるのだろう。
口うるさい両親とは別の視点を持つ大人との出会いが、本当の意味での少女の成長を予感させる素敵なシーンだった。
 
【2014.05.03 Saturday 19:55】 author : koshiy2010 | まとめて感想 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
なるほど、勉強になります。
【2014/05/04 1:03 PM】 赤間俊秀 |
「白ゆき姫殺人事件」…意外と面白かった。映画って今、こんな風になってるんですね…!
【2014/06/03 12:30 PM】 kani |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047590
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP