俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 3/5「裏麻雀美神列伝 闇打ちのユメ」リリース | main | 「コンプライアンス服従の心理」「LEADERS リーダーズ」職場のリーダーを見る2本 >>
「東京難民」自分はここまで落ちてないと安心して前向きになれる映画
なかなかのスリラー映画でした。
ただ、治験のバイトであそこまで稼げる経験を与えるなら、ホストに転じるには他の理由も必要な気がします。

昔、今井正監督の「どっこい生きている」という底辺の生活を描いた作品があったのですが、それの平成版。「自転車泥棒」みたいな労働者階級の映画を想像してもらえばいいと思いますが、こちらは平成の呑気な大学生活から転落するので、落ち度はなかなか激しい。

キャスティングの妙は大塚千弘さん。この作品のこの役をやるのにぴったりすぎて怖いくらい。女優の世界でも当然格差というのがあるでしょうから、そういうのを勝手に想像しちゃうと、絶妙なキャスティングといえます。しかも、ただ主人公に寄り添うヒロインというより、グレーな側面も持ち合わせているので、魅力的。大塚さんを見るだけでも、この作品の価値はあります。

こういう映画は、自分はここまで不幸でない、と安心する悲劇。ですが、他の作品と違い、今の日本では誰もがここに隣り合わせにいることを考えてしまう真のスリラーといえるかも知れません。
 
【2014.03.12 Wednesday 17:18】 author : koshiy2010 | 日本映画2014 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047588
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP