俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< あけおめ。1/8 約1年ぶりのVシネ「裏麻雀美神列伝 潰し屋レイカ」リリース | main | 1/11から13のみ公開「かあちゃんに贈る歌」 >>
「永遠の0」もともとファミレスのハンバーグ定食を目指しているわけだから
朝の食卓で「ちゃんと水道代払ってる?」なんて言われている監督と商業映画を次々にヒットさせる監督の違いは何か?それはファミレスのランチのハンバーグ定食が上手に作れるかということだと思う。誰もが美味しいと言える味。
そういう面でいうと山崎監督+Robotほどの実力を持ったチームはいないと思う。
ちょっと嫌みな書き方に見えるかも知れないけど、興行を引っ張っていく作品は必要なのだ。

しかしながら、昔、岡本喜八監督が東宝の戦争大作撮った後に自費を投じて、「肉弾」撮りたくなる気持ちがわかった。
山崎監督は自分の撮りたいものとかないのだろうか。それともあれがフィットして楽しいのだろうか。

本作を見て、最初に感じたのは、じれったいな、ということであった。
綺麗に回想順に主人公の状況が明らかになっていく。
三浦さん吹石さんコンビの芝居が岡田准一さんよりヘタレなのではなくて、推理する必要がないからキャラの魅力を作れない。構造的欠陥なのだ。だって吹石さんなんて三浦さんの会話相手にすぎない。
誰かに会ったらヒントをもらえて進んでいく。ノベルゲームのよう。結果は宣伝でネタバレしているわけで驚きはなく、最後にやっぱりそう戻ってくるかと。戦中は上映時間の半分しかないから予算の倹約にもなるのか、と邪推する。

戦中陣のキャストメンバーは若手を含め、なかなかの絶品ではあった気がする。ここでの問題点は、岡田さんの、特攻教官になってから狼狽している姿である。ここさえ、インパクトを持って描ければ他は些細な問題だと思う。
元々なんであんな戦略に詳しい設定なのかとか、何で腕が立つのか、当時のムードに違った意見が言えるのか、なんてまったく説明ないけど許せちゃう。
そこで狂った姿が見られるのかと思ったら、「あれが特攻だ」みたいに冷静に分析、受け止めているではないか。この感覚を持っていてああいう風に変化していくのがどうしても腑に落ちないのである。

そう、それで思った。これは誰も傷つかないように作っている映画なんだと。「ALWAYS」のように悪者はおらず、岡田さんを叱責する鬼上官もいないのだ。ま、これは少しだけ描写はあるが、もちろん「肉弾」とかに出てくる上官から比べればかなりのヘタレ上官である。赤城もVFXも素晴らしいが、そこに乗っているメンバーたちの葛藤は、こちらが受け止めて心動かされるほど強くない。それは、強い悪役がいないから映画が強くならないのである。

正直に言えば、僕は井上真央さんと岡田さんがラブラブで「約束ですよ」とか言っているより、お互いすれ違いなどで別れて、あの状況になった方が泣ける。これこそが逆に「肉弾」などでは描けない新機軸だと思ってしまう。

ファミレスのランチのハンバーグ定食はたまに食べたくなる味だ。しかし、それで「うまい」と感動することはない。ぜいたくいえば、そこに何か一品、ぼくらが喜びそうなデザートをつけていただけたらと思う。そうすれば、戦争映画初心者も喜び、僕らも楽しめる。商業映画はそこを目指すべきなのだと心から思う。
 
【2014.01.08 Wednesday 00:52】 author : koshiy2010 | 日本映画2013 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047581
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP