俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< そろそろ「ミッシング77」 | main | 今更ですがあけましておめでとうございます >>
「北のカナリアたち」製作サイドの苦渋が感じられる
あらゆる面で製作サイドの苦渋が感じられる作品だった。

・配給面
60周年、出演者的には正月映画にまわせる布陣だけど、11月公開で、正月の本線は「ワンピース」と「仮面ライダー」。
・企画面
東宝が健さんなら、東映は吉永さん。
キャストがそんなに重複せず、オールスター風に見える作品を原作にセレクション。若手は本番拘束せいぜい3日4日ですよね?
・製作面
撮影は季節を変えて、大作の面目を保ってはいますが、VFXも多用。もともと撮影の木村さんは特撮に理解のある人という印象なんですが、いつもの木村さんなら吉永さんの列車のワンカットは、列車の引きがあり、中もロケしているところではないでしょうか。これが合成。
吉永さんと仲村さんの会っているシーンの海も合成カットがあって、時間が待てないせいか。でも何もしないよりは効果はあがっているからよいとは思います。
こんな風に時間のない中で、悩みながら撮っている印象があります。
・内容面
簡単にいうと、吉永さんの不倫映画なわけですが、どこに気を使ったか、そのスキャンダル的な側面はまったく前面に出ず。日本映画屈指の清純スターが不倫映画に、というのがほんとはポイントだと思うんですよね。

これらをまとめると、予算や時間が限られ、内容にも配慮をしながら、なんとか一流の作品に仕上げなければならないスタッフたちの苦労が見えてきます。
だから、「北の零年」あたりと比べたり、いろいろ言いたいこともあるけど、まぁ言えないわ。努力賞あげたい作品。
 
【2012.12.31 Monday 11:33】 author : koshiy2010 | 日本映画2012 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047541
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP