俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 明日「ネオファンタ・サヤ」発売です | main | 「マンハン3」キャスト募集中 >>
「赤ずきん」絶妙なタイミングで謎解きされていく快感 他
洋画を実はばかすか見ているんですが、書くヒマはなくて。
数行感想を覚えのように書いておきます。

「赤ずきん」
強引に赤ずきんネタを入れているがシナリオはいい。助けにきたはずのゲイリー・オールドマンの神父がグレーだったり、家族の過去などが絶妙なタイミングで謎解きされていくのが快感。アマンダ・サイフリットも魅力。「クロエ」が見たくなります。

「アリス・クリードの失踪」
噂ほどサスペンス感は強くない気が。中年男の方のエディ・マーサンがもう少し高圧的とか、若い方のマーティン・コムストンが絶対に従わなきゃいけない状況にしないと。ただ、こういうバランスって作っている時に気がつかないんですよね。とはいえ誘拐劇を低予算でできることを世に知らしめた功績は大きいです。トイレの鉄砲玉ネタは最高。

「SUPER8 スーパー8」
くやしい。日本人として「シングル8」つくりたい。思春期に8ミリ映画作っていた人にはそれだけでツボ。ただ、感度が低い8ミリで田舎町のナイトシーンがあんなに奇麗には写らないとは思うけど、そこは言わないお約束。笑 マニアックなスピルバーグの復活で好感触ですが、クライマックスは定番的でややつまらないかな。クレジットで流れる短編作品は素晴らしいです。

「マイティ・ソー」
なるほど、ケネス・ブラナーだとアメコミムービーも史劇を見ているような気になる。深作欣二監督の「宇宙からのメッセージ」が時代劇に見えるのと同じようなことか。笑 観客を劇世界へ誘うのがうまいというか丁寧で、原作を知らないとついていきづらい「XMEN」のようなことがなく、作劇上の参考になりました。
 
【2011.07.30 Saturday 15:58】 author : koshiy2010 | 外国映画2011 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047436
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP