俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
<< 愛葉さん情報「ザ・ノンフィクション」出演 | main | 爆笑してしまった >>
ビハインド・ザ・アイドル爆弾2
奇跡的に2です。
こないだツィッターか何かで「アイドル爆弾」について、正確には思い出せないのですが、「アイドルという仕事は次々に新しい展開をして走りつづけなきゃいけない、それを表現している」というような旨の感想をおっしゃられている方がいらっしゃいました。
まさにこちらの意図したことが伝わっていて嬉しかったのですが、愛理が犯人によってやらされている活動というのは、歌あり、ゲームあり、盗撮ありと、アイドルタレントさんがそれなりに体験するであろうというものが凝縮されているわけです。
ですからぱっと見、バカバカしいくらいにバラエティのりな秋葉原巡りのゲームも、その線上にのっかれば「あり」でして、視聴者のみなさんにはそこでくじけて欲しくないんです。笑

今回キャストで注目は女性なら桐島里菜さん、照れまくりながらのアリスメイド服は私的に必見。そしてしほの涼さんのアイドルポーズ講座も。choice?の二人との息のあい具合とかもメジャー映画的キャスティングでは出せない味なんですよ。
中田寛美さんは「ミッシング44」の先生役の方、キャラが強すぎないのでこの役にぴったり。奥原邦彦さんははじめてでしたが、愛理の父がわりのようなどっしりさがありました。緒沢あかりさんはおでこ出しが私的にそそります。またカメオ的に出演の石田雄生さんは「JK」の犯人役なので、ここでまた石田さんが犯人と思わせておいて、「婚活バトルロワイヤル」のあの人が犯人? というまぁ、アルバトロスさん系の邦画をご覧いただいている方には、なんとも微笑ましい流れになっているんですよね。(ま、それがわかる人は少ないと思いますが。笑)
【2011.05.14 Saturday 16:50】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://koshiy.openeyes.jp/trackback/1047409
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP