俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
7/28「ストレンジデイズ・監禁ワークショップ」リリース

このあと米原さんと会うから慌てて更新している。w 誰かと同じだな。w

ということで、ついにリリースになりました!

告知が遅れた理由はですね、

8月ヒマだと思ってFBとか呟いていたら、お仕事くれる方もおりまして、少しは首がつながったわけですが、「ヒマなら8月中にこれやっちゃいましょう」みたいに9月以降に先延ばししようとしていた件が前倒しになりまして、さらに、「A作品」のPが「海外映画祭狙うから」と女優を口説いた関係上、敷居を一気に上げられて自主的にシナリオを見直そうと、初心に返って久しぶりにシナリオの入門書を読み直したり、なんてことをやっていたら時間は過ぎていっておりました。

そんな中で、また今更「半沢直樹」にはまったり、「セーラー服と機関銃・卒業」を見て、えっ、なんで今このバブリーな話つくるの的に検索したら、原作がその時代らしく納得しつつも、心では解せなくなり、あまり公開当時好きじゃなかった相米監督版「セーラー服と機関銃」を見直して、良さを発見したり、などして、漸く更新できるくらいの精神状態になりました。

「ストレンジデイズ」はゆうばり上映ほどの盛り上がりが東京公開時につくれなかったんですが、強敵裏イベントの中、いらしていただいたお客さまからは激励と貴重なご意見もいただきました。本当にありがとうございます。
久しぶりに自主製作ベースでやったわけですが、これはこれで癖になりそうです。相米監督みたいにもっと好きにやってもいいのかな、とも思ったり。そんなことで普段のDVD映画では味わえない世界をどうぞご堪能いただきたいのです!
予告
【2017.07.31 Monday 14:14】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7/1,2「ストレンジデイズ」東京凱旋上映

ゲストも決まりましたのでお知らせいたします。

 

 

「女性蔑視」か「女性の生き様」なのか?
ゆうばり映画祭で物議をかもした問題作、限定公開決定!

 

2017年ゆうばりファンタスティック映画祭。オフシアター部門審査員の一人から「女性蔑視的な表現があまりにも多すぎる」との問題提議がなされた。名指しはなかったが、本作もその1本としてみなされたようだ。
監督の越坂康史は、DVD映画を年6本ペースで監督するヒットメーカーの一人。その監督が11年ぶりに自主製作で脚本・撮影・編集などをこなし、2年がかりで作った監禁映画が本作である。
「普段のDVD映画では、撮影期間が短いため、何十日も監禁されているのにまったく髪の毛が伸びない。そんなストレスを解消するために作った。他にも季節を縦断するなど低予算ではできない多くのことをやりとげた作品」と監督は自信を持って語る。そのインパクトは同映画祭でシネガーアワード受賞として評価を受けた。
これは、まさにプロの一線で活躍する監督が描く、既成の市場では表現できない究極の監禁映画である。そこに生きるヒロインの生き様が、果たして本当に「女性蔑視」なのか、是非あなたの目で目撃していただきたい!

 

《ストーリー》
ある崖っぷち女優が、偶然取材で訪れたのは「監禁ワークショップ」と呼ばれる俳優養成の場であった。監禁され、芝居のためにセックスも厭わない異常な場所に、やがて彼女は魅せられていく…。

 

出演
米原深絵/津田篤/中田寛美/宇野ゆかり 川奈龍平 奥嶋広太/堀田眞三
スタッフ
製作・脚本・監督・撮影・編集・整音:越坂康史/スチール・録音:北村純一/助監督:長谷知幸/ヘアメイク:清水彩美

 

7月1日(土)・2日(日)  ゆうばり映画祭シネガーアワード受賞記念 東京凱旋上映
各日16:00/19:00より

※トークイベントあり(各回上映終了後) 敬称略、登壇者は企画時点での予定です
7/1 16:00 米原深絵・越坂康史
      19:00 米原深絵・津田篤・中田寛美・堀田眞三・越坂康史
7/2 16:00 米原深絵ワンマントーク
      19:00 米原深絵・津田篤・中田寛美・越坂康史 &塩田時敏 (映画評論家・ゆうばりファンタ コンペ部門・プログラミングディレクター)


料金 当日1500円
 
会場   CAPSULE (カプセル)

http://capsule-theater.jp/access/

◎東京メトロ千代田線 『明治神宮前』駅5番出口 徒歩10分
◎東京メトロ副都心線 『北参道』駅2番出口 徒歩7分
◎JR山手線 『原宿』駅竹下口 徒歩12分

東京都渋谷区神宮前2-27-3 ハウス神宮前1F

当日限定、米原深絵サイン入りDVD先行販売(3000円)あり
※当館に駐車場はございません。お車でお越しの際は、最寄りの有料駐車場をご利用ください。
※エントランス付近は、車・バイクなどを駐車した場合は駐車違反の対象となります。
※本作品は15才未満の方の鑑賞はできません。※当館は座席数30のミニシアターです。満席の際にご入場になれないことがあります。

 

予告

 

 

【2017.06.11 Sunday 23:50】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4/27「メス猫 キャットピープルの誘惑」リリース

2週連続で監禁Vシネと教育映画ロケという、相変わらず振り幅の広い活動をしています越坂です。

どっちも私、好きだし、得意分野だと思っておりまして、真のプロはこの振り幅がある人だとも思っています。

といいつつ、アーティストのPVつくれって言われてももう感性的に無理だと思うので、齢とともに幅はやや狭くなり、得意分野の深さはやや深くなっているのかも知れません。なので、最近は幅にはこだわらなくなりましたが、まぁ常にチャレンジする場に自分がいたいという気持ちは持ち続けたいとも思っております。

 

映画というのは本来自由で、特に今回ロケした実感として感じるのですが、この2分野の作品にはそれぞれで信頼のおける素晴らしい俳優がおりまして、こっちの作品にこっちのキャストを使えればどんなにいいだろうと、思うこともしばしばあったりするわけです。なのですが、僕の自主規制も含めてできない大人の事情もあったりします。

スタッフについても同じで、キャストほどでないにせよ、スタッフ構成の仕方が微妙に変わります。

 

監督という立場だと、なじみのあるキャスト・スタッフで作る方が効率はよいし、クォリティも維持されるから安心。しかし、低予算作品が持つメリットなはずのチャレンジを失う可能性もあります。

かつて、ハリウッドが50年代に行き詰まっていた。そこを変えたのがニューシネマやのちの映画学校世代の監督たちだといいます。今私たちのやっているVシネは、どちらかといえば既成映画からはみ出るニューシネマ側の作品のはず。ところが、個人的には、そのVシネでさえ、色んなことで行き詰まりを見せているのではないか、と最近思うようになっています。こんなプチな世界でもそれはあるんだなと。ならば、次の一手をどうするかを真剣に考えなければならないと去年から思うようになってきました。

そこで、自主製作でやってみたり、スタッフィングを変えたりして今チャレンジを進めているというのが自分の状況です。

 

昨日「電撃映画祭」を見させていただいた時に、多くのなじみのキャストからお声をかけていただいたのです。大変ありがたいことです。だが、「また出して下さいよ」と言われても、3年前、4年前のように勢いでキャスティングはできなくなっている。申し訳ない。だが、出て欲しい作品はきっと来る、こんなに作っているんだから。気長に待ってもらうしかない。

そして、行き詰まりを解消できそうなキャスト・スタッフ・アイデアは大歓迎。そこにはのりたいのです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、プロデュース作「メス猫 キャットピープルの誘惑」はそういう要素で作られてきた作品でした。つまり、行き詰まりを解消していって成立させた作品でした。

まずは倉持由香さんが出ている「飼い猫」というVシネが成績良さそうだった。だけど、マネするなら倉持由香さん以上の惹きを持つキャストにしなければならない。これは脱げるキャストにすることである意味解決できる。しかし、内容を当然同じにする訳にはいかない。そこでまずは行き詰まりがありました。

他の監督から手が上がらず、遊山監督と別件打ち合わせ時に、「飼い猫」みたいのをやりたいと言いました。そこで監督から出されたアイデアは「キャットピープル」ならできる、というもの。要はホラーです。これはビッグアイデアでした。

でも、私にはひとつ懸念がありました。正直前作「くノ一」はがんばった面白い作品ですが、セクシーは明らかに足りなかった(これは、あとで話を聞くと、撮影場所の問題もあったらしい)。監督の言うようにすすめると、本格ホラーにしすぎて、セクシーがおろそかにされるのではないかと疑った。

シナリオができあがると、コミカルなシーンも多くあり、バランスが良かった。セクシーも十分になりそうだった。

川越ゆいさんは、主演が続くので本当は模索したかったが、メーカーPの「猫に似ているからいいんじゃない?」という根本的な発言によって決まった。

 

そんな感じで、今までのプロデュース作は、監督や越坂のアイデアをメーカーに買ってもらうような空気が強かったのですが、本作に関しては、監督、越坂、メーカーPがそれぞれの立場で、行き詰まりを解消するアイデアを出し合った作品になったと思います。

ぜひ、その結果をご覧いただきたいのです。よろしくお願いします。

 

 

予告

 

 

メス猫 キャットピープルの誘惑

 

 

【2017.04.30 Sunday 19:38】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/25「48hours」リリース、Amazonで瞬間的に1位とったのは本当?

ということで、この時間にようやくゆうばり準備を終えた越坂ですが、大事なことを言うのを忘れていました。

そうです、「48hours」リリースされました!
どうも、主演の初芽里奈さんの発売日に買ってね的なキャンペーンで、Amazon邦画DVDエロスジャンルで1位を獲得しました。ありがとうございます!
この作品、拙作「アイドル爆弾」(NETFLIXで見れます、検索してみてください)のセクシーバージョンとも言える作品。
爆弾を取り付けられた女子高校生が学校に監禁されて、はすずすためには性的な興奮度を高めなきゃならないという、R18ゲームにありそうな妄想全開の作品です。w
いつものリアルな監禁ものというより、少しコミカルな今はやりの青春映画的な空気も漂わせつつ、また、僕らの若い頃のノスタルジックな気分も満喫できるなかなか発見のある作品になったと思います。ロリセクシー女優として活躍し、今回Vシネ初主演となった初芽さんも魅力的。是非ご覧ください!

 

予告

 

噂のAmazonはこちら

48hours

 

JUGEMテーマ:映画

【2017.03.01 Wednesday 22:37】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゆうばりに行ってきます

 

ストレンジデイズ

 

このブログではご報告が遅れましたが、3/2よりはじまるゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017オフシアター部門に拙作「ストレンジデイズ」が選出されました。ありがどうございます。パチパチ。

ということで、ポスター風キービジュアルフル解禁。
なんと、自主映画なのに、Vシネと同じ監禁ものつくっているって、私、ホントに監禁ものが好きなんですね。w
ではなく、わりと自由なVシネでも、それなりに制限があるわけで、そういうものを取り去って一度作品を作りたかったのです。
おかげさまで米原深絵さんという逸材を得まして、ここに津田さん、中田さんほか越坂組のレギュラー陣キャストを固く投入。
さらに最後に東映作品のレジェンドともいうべき堀田眞三さんまでも。しかも、堀田さんに…うっ、ここから先はネタバレになるので言うまい…。
お金はないので、脚本・撮影・編集・整音などできることはすべてこなし、現場スタッフは、学生時代からの盟友、長谷さんと、スチールの北村さん、ヘアメイクの清水さんくらい。北村さんには録音もやっていただくという無茶ぶり。あと足りない時にクマちゃん。ありがたい。
Vシネと違うのは、撮影期間が10日くらいかかっている。それもある程度期間を置きながら。
そう、何日も監禁しているのに髪が伸びていないとか、そういうのが気になってしょうがなかったわけ。Vシネはだいたい3日撮りだからね。納期もあるし。

しかし、編集してたら完全に120分超えになってしまいそうだった。さすがのゆうばりでも120分超えたら、当選率下がるよね。というわけで、めっちゃやばいシーンを泣く泣くはずして、なんとか115分におさめて応募したのです。

 

それでも長いから、難しいかしら、と思っていたのですが、ありがたいことに入選させていただいた。

しかもコンペ。えっ、今更また?…の感じはあるけど、まぁ老兵とまでは言わないけど、そこそこのおっちゃんが、若手監督と張り合うのも面白いかなぁ、とも思ったり。

 

楽しんできますわ!

 

 

ただ、その前に「ドクターZERO」がある。ゆうばり行く直前の28日まで撮影入れている俺って。まだエキストラ募集中。それは明日ちゃんと書きます。たぶん。

 

 

ゆうばり映画祭の詳しくは

http://yubarifanta.com

 

スケジュール

http://yubarifanta.com/schedule/

ホテルシューパロ嶺水の間 3/3 20:00と3/4 14:00に上映(舞台挨拶あり)

 

作品紹介

http://yubarifanta.com/films/3875/

よかったら「いいね」してくださいませ。

 

 

JUGEMテーマ:映画

【2017.02.21 Tuesday 01:53】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/3と3/3「ガールズファーム」リリース

長らくブログはごぶさたしておりました。

というのは、youtubeが厳しくなり、ニューセレクトさまの予告がのらなくなったので心が折れて、Fc2か何かに自分で予告をのっけてリンクしようと思っていたのですが、やる時間がない、ない。ということで、今日まできてしまいました。

 

前日に某VPで京都に行っておりまして、京都最後だったので新幹線で飲み、帰って来て一軒目で飲み、二軒目で、まだ飲めると思って2時間飲み放題。そこで落ちて、一杯1500円という散財。

 

そんなこんなで、

2/3と3/3「ガールズファーム」1,2がリリースされます。

 

こちら試写会。

 

そして予告。

 

 

「1」の小野寺さんは、面接でのセリフの読みの時に久しぶりに背筋がぞくっとした女優さんでした。ただ、緊張感からか本編でその実力が100%発揮できたかは、難しいところですが、拙作史上、最大のドラマチックな物語をしっかりと演じていただきました。

 

「2」の南さんは、カラダの見せ方がうまい女優さん。必ずS字にひねるので、これは虜になる要素たっぷり。共演の荒木まいさんとともに、無垢な悪役にふさわしいキャスティングになったかと思います。

 

他、ニューフェイス、越坂組レギュラーのみなさまも大挙出演しております。しばらく女子たちが大挙出演するのがなくなりそうなので、できれば、DVDレンタルでご覧いただき、満喫していただけたら幸いです。

 

そして打ち上げ。

実は、南さんに大量のシュークリームをいただいたのに、みんなに配るのを忘れてしまった。

私の今日の食事になっております。ごめんなさい。

 

こっちの2次会は、1500円飲み放題は、さすがにやらず、きれいに落ちました。

詳しくは青山真希さんのツイッターで報告されているみたいです。

 

セルは下記から

 

http://amzn.to/2l6lpau

 

http://amzn.to/2kyDi4g

 

 

【2017.02.04 Saturday 14:12】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10/29「RAPE探偵・不倫の部屋」リリース

またまた遅くなりましたが、「RAPE探偵・不倫の部屋」リリースされました。

 

オルスタックさんというメーカーさん、最近プロデュースばかりで、実は「96分間」以来、1年3ヵ月ぶりの監督作です。

なのでキャスティングは力入ってます。範田さん、津田さんの他は「days」シリーズの準主演クラス、男性陣も過去の越坂作品を支えていただいた人にたくさん出ていただきました。もちろん「days」ほどお金はないので色々みなさまには泣いてもらいました。ありがとうございます! …それでも、間に合わないので撮影を自分でやることに。w

 

そんな感じで自主映画的なパワーに支えられながら作った作品。いざ出来てみると往年の「探偵物語」とか「俺たちは天使だ」みたいなテイストも含んだ、越坂作品としてはめずらしいタッチです。

いつもはビールを飲みながらご覧いただいてわかる作品をつくっておりますが、こちらは相関関係が少し難しいらしく、メモをとりながらご覧くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

 

予告

 

RAPE探偵 不倫の部屋

 

原作も好評発売中(こちらはR-18になります)

http://adult.contents.fc2.com/article_search.php?id=459409

 

範田さんイベント

http://a.sofmap.com/topics.aspx?id=4230&sid=vELRpG6E

 

津田さん取材記事

http://キャバポケ.com/report/143/

 

【2016.11.01 Tuesday 12:17】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10/5「東京地下女子刑務所 CHAPTER3・エリア0〈ゼロ〉 」リリース

9月から11月は考えてみたら監督・プロデュース作で6本もの新作が出るリリースラッシュ。道理で忙しいわけだ。

 

いつもシリーズを持続させるのに新しい方向性を示さなければならないと飽きられるので色々考えるわけですが、本作では女子刑務所の中にセックス教団が跋扈しているような世界観にしてみました。これだけでやばそうな…w

そして88、99と連投しているあやなれいさんのセリフだけで出ていた妹(川越ゆいさん)が登場。記憶を失った姉との再会、甦る過去…シリーズ続投でご覧いただいている方にはドラマ的には大いに盛り上がるはずです。

で、教祖役は満を持しての越坂組初登場の若林美保さん(正確には、「ホームジャック」の被害者写真(21才大学生!)が初登場ですが)。教祖役はこの人しかいないですよ、ということで松井理子さんに紹介してもらいました。

 

これらの設定は、個人的な思いとしては、大きな権力の統治下にあっても、一定制限の中で独立する村や都市が江戸時代前まではたくさんあったわけで、歴史上そういうやり方があったことを知っていただきたかったのがあります。経済で言うと堺とかが有名ですが、中世の惣村、最近では、境内都市という寺院や神社を中心に形成された都市があるという概念も生まれているようです。

なので、例えてみれば、ここに登場する女囚たちは、日本という監獄の中で働き続ける私たち自身。この映画の中には、エリア0という自由特区があるけど、私たちにそれがあるのか。自由特区の中にも権力はもちろん存在していて…みたいなことを考えてみると、なかなか骨のある作品になるはずなんですけど。w

 

でもまぁ、所詮ビール片手に楽しむVシネですから難しく考えず気楽に…

いつものように「3」単独で見てもちゃんと完結した話にもなっておりますので、是非是非ご覧ください!

 

予告

 

商品リンクはこちらから

http://amzn.to/2dO3bdj

 

【2016.10.09 Sunday 10:15】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/30 P作「くノ一忍戦帖2 赤い殺意」リリース

朝「ガールズファーム1」の仮編を納品して、昼すぎには「ホームジャック2」の企画を書き上げ、トランボなみのスピードで仕事していると思ったら、2時間も寝てしまった越坂です。ツイッターやFBに投稿している場合ではない。

そう、昨日はプロデュース作「くノ一忍戦帖2 赤い殺意」のリリース日ではないか!

告知遅い!と監督に怒られてしまいそうなので。

 

さて、P的には前作の反省をふまえて、ジャケットをかっこよく(渋く)するのをやめました。w 1作目から時間があると、この軌道修正ができるからありがたい。色をノーマルに近くして肌の修正だけ入れる。やや扇情的なポーズを採用。

すると、どうでしょう、1作目より早い段階で動いている感じがします。ジャケ借りにのっていただいた皆様のおかげです! ありがとうございます!

 

サブタイトル「赤い殺意」も「極妻」だよね?って突っ込まれそうですが、「極妻」以上にストーリーは「赤い殺意」にちゃんとなっているから許して欲しい。こうなったら、「3」は「最後の戦い」になるのが必然ですが。w

 

さて、くノ一もので誰が裏切り者か、をフィチャーするのは目から鱗じゃないかしら。これがいい感じにシナリオ的に工夫されている。まぁ、年間100本くらいご覧いただいているお客さまにはたぶん読めるかも知れないが、これはVシネだから、ビール片手に酔っぱらっても理解できるわかりやすさでいったら、いい線なはず。ストライクゾーンに投げている作品といえる。

 

この作品をきっかけにして、川越ゆいさん、荒木まいさんは、拙作監督作にも登板とあいなった。安定のあやなれいさんとともに活躍する勇姿をぜひご覧いただきたいです!

 

予告

 

今回もAmazonさんのジャケットリンクがつくれないなぁ。

R15に厳しいのかなぁ。需要がなくて縮小されているのかしら。

 

仕方ないので、こちらからどうぞ。

http://amzn.to/2cIb8Rz

 

 

JUGEMテーマ:映画

【2016.10.01 Saturday 20:05】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/2「ホームジャック」リリース

相変わらず忙しい越坂ですが、この忙しさをどう処理するかの参考として「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を見ました。

そうか、お風呂場で校正しているのね。あれはお風呂が2つあるからできるんだよね、きっと。w

レッドパージを受けた有能な脚本家の秘話なのですが、この時、トランボは名前を変えてB級映画に活路を見いだすわけです。ここで悔しいのは、B級映画でもうまくできちゃう所ですね。僕なんか、A級映画つくっている人に「days」はつくれないと思っていて、そこがアイデンティティだったりするので。で、トランボ脚本のB級映画で評判のよい「拳銃魔」を予約しました。さぁ、どんなものなのか…。(とはいえ、ハリウッドはB級映画といえ日本の10倍は予算があるはずなので…)

 

 

ということで、「ホームジャック」告知。

おかげさまですでに続編構想がでてきております。ありがとうございます!

 

越坂的なちょっと工夫は…こういうホームインベーションものは、だいたいが幸せ家族に侵入なのですよ。これを不倫状態にさらに乱入にしてみました。こうすると、旦那に対して単なる被害者ヅラができない妻となるわけでドラマとサスペンスは強くなるはず。

さらに深澤脚本が、旦那の母の話とか周辺を深くしてくれているので、おそらくお客さまが思っているほど、命がけの危機感のあるスリラーではないのですが、その分女性目線から見てもファンタジーになるような仕組みになっているはずです。

 

ということで、よろしくお願いいたします!

 

予告

 

AMAZONのいつものリンクがつけられなかったのでとりあえず下記を貼ります。

http://amzn.to/2crnqcC

 

 

【2016.09.16 Friday 13:25】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP