俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
たまにはDVD映画感想

いやはや、書いているヒマはないのです。

今も19時までに絵コンテ書かなきゃいけない。月末までに「ガールズファーム」のオフラインやらなきゃいけない。

しかし、告知だけになっているこのブログをなんとかしないと。本来感想ブログだからね。

 

まず前記事でとりあげた「拳銃魔」は面白かった。B級っていうのはもったいない感じ。

結局、自分の趣向にあう運命の女に引っ張られるんですね、男は。

拳銃に取り憑かれる男っていうのが乗れるかどうかと思ったのですが、幼い頃の話からはじまっているので説得されてしまう。

また、これが裁判シーンにして時間的にコンパクトになるようにしているのが工夫ですね。

地域のお祭りがあったり、これはお金かかっているよ、参考にならないよ、とも思いましたが。

しかし、最後に犯人の主人公たちを警察が追いつめるシーン。山の自然公園みたいな所にして、霧を立ちこめさせて、エキストラや警察車輛などをごっそりカット。でも追いつめられた雰囲気出ているんだよね。心にメモ、な大胆な脚本・演出です。

 

「監獄病棟2041」

「東京地下女子4」にちょこっとだけ出ていただいた晴香いくさんがどんな感じなのか見たくて。あー、いやな感じでいいですな。近所にいてほしくないおばちゃんって感じです。w

拘束とか鞭打ちとか、ニューセレさんだし、拙作とやってることあんまり変わらないので、そのへんは発見はないのですが、メガネみたいなギアアイテムを装着するとき、いちいち電動ドリルでセット。未来のわりになかなかアナログなのが涙ぐましくて面白かった。そして、そういえば、拙作も近未来設定で「東京地下女子」とか「ガールズファーム」とか作っているけど、あー、そうだこういうSF的アイテム出してないなぁ、と反省してしまったわけです。

 

「新・嬢王ゲーム SEX or LOVE」

拙作に多数出演の小林麻祐子さん、布川麻奈美さん、福咲れんさんも出ているので、こちらも。

拙作と同様、小林麻祐子さん、布川麻奈美さんがキワモノっぽい役だったんで安心しました。ここで、福咲れんさんの友達みたいな役だったら萎えるところです。ライバルを嵌める怖い女たちです。こちらも近所にいて欲しくないですね。w

 

「極道たちの野望」

拙作がらみだと福谷孝宏さんがちょこっと出演。最近のヤクザVシネがどんな感じなのかも見たくて。

やはり組織運営話でアクションは少なめ。ですが、ちゃんとセオリーおさえた飽きさせない固い作りでした。ここは布施さんの芝居がうなづかせる感じ。怖い竹内力さんも久しぶりに見ました。

 

「アルビノ」

正式には劇場公開ですが。「心霊食堂」の真上さつきさんの真骨頂を知りたくて。

監督が「私の奴隷になりなさい」の亀井亨監督で、前作の上を行こうという気迫が感じられました。真上さんもそれに応えているようでよかったんですが、性同一性障害=レズという描き方が、ま、ダメじゃないんですけど、一瞬「?」となると、乗れない瞬間がでてきてしまう。性同一性障害≒レズなら理解できる、必ずしもイコールではないと思うので、ここをイコールにするための描写が欲しいというか。または精神的に男性なのでレズっていう言い方になっていいのかわかりませんが、この恋をはじめる前にもうワンステップ越える何かがあるんじゃないかと思ってしまった次第なのです。

 

「飼い猫」

拙作には全然関係ないですが、興味あって。

倉持さんの猫まねが可愛かったですね。なんか四つんばいでミルクの舐めているシーンで、意味もなく股間が濡れていて、なんだ、このサービスは! と思いました。こういう猫なら近所にいて欲しいです。
 
全作参考になりました。ありがとうございます。
【2016.09.25 Sunday 18:28】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「セルフリッジ英国百貨店 【吹替版】」こんなリーダーになりたいなぁ
映画の感想が溜まっているのだけど、精神的な余裕がなく、書く気にならなかった。
そう、ここ数日色々あった。
さて、こういう時には映画に人生の師を見つけ、モチベーションを回復するのだが、今やっている映画には自分のそういうものに教えを説いてくれる映画はなさそうだ。しかしながらGYAOで数週間前からやっている「セルフリッジ英国百貨店」にそれがあった。

私は監督というのが、課長くらいのリーダーの気分ではあるとは思うのだが、社長や取締役のような気分にはなれない。だが、まわりは、そんな感じで見ていたりすることもある。そうすると、色々な判断を迫られた時に、人との関係、将来や影響などを鑑みなければならない。ただ一方で、自分の欲望や理想もある。過去のリーダーたちはどうそれに向き合ったのか。

「セルフリッジ英国百貨店」は2014年に“世界最高の百貨店”に選ばれたロンドンの有名デパート、セルフリッジの創業者ハリー・ゴードン・セルフリッジのアイディアに満ちた人生を、派手な女性遍歴とともにつづった、20世紀初頭を舞台にしたドラマ・シリーズ。デパートのショーウィンドゥやタレントの起用、イベントタイアップ、化粧品売場を1Fに集中させたり、セールをやったり、というようなのは、彼が編み出したり、英国に持ち込んだらしい。派手な女性遍歴も憧れだが、まぁ、それは置いておいてw、従来の手法と違うやり方に色々な問題は発生する。

この時彼が(というより、この作品のキャラとしてのセルフリッジが)、少し悩むような表情をしたかと思うとすぐに笑顔になって、問題解決に動き出すのである。この笑顔がたまらない。
友人の倉島真帆さんじゃないが、笑顔が人をしあわせにするようだ。商人の鏡ともいえるかも知れない。
今日は仕事の前に見て元気になることにしよう。
 
【2015.07.14 Tuesday 07:10】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「TAP 完全なる飼育」ほとんどオールインのようなヤクザ映画
「ミッシング77」以来、1年半ぶりくらいになるが、アルバトロスで2本新作を撮れる模様。
またも得意の?笑 監禁ものなので「TAP 完全なる飼育」を参考に見た。
月9がVシネだと評判だが、こちらもオールインのようなヤクザ映画になっててびっくり。
ついでに有森也実のヌードにもびっくり。

「完全なる飼育」シリーズは何本か見ているのですが、1作目以外は、やはりぼくとあわないんです。
このシリーズ視聴者ニーズにあっているんですかね。
「飼育の部屋」とか「失踪 僕が彼女を閉じ込めた理由」の方がはるかにドキドキする。
洋画だとスリラー風味が強くなりますが「アリス・クリードの失踪」そしてもちろん「コレクター」(1965)、「ミザリー」などが定番的にはまる。
「飼育もの」+「ヤクザ」でビデオ市場的ヒットを仕掛けたのか。ということは次作は「飼育もの」+「ギャンブル」で、監禁した少女に麻雀教えたりするのかしら? それだと「裏麻雀美神列伝 脱がせの美咲」みたいだぞ。

沖縄の背景はいい感じ。ま、とにかく「飼育」して欲しかった。笑
 
【2014.05.04 Sunday 12:17】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「コンプライアンス服従の心理」「LEADERS リーダーズ」職場のリーダーを見る2本
ほんとは劇場で見たかった「コンプライアンス」。
ハンバーガーショップの女性店長が偽警察官の電話に騙されて女性従業員を裸にしたりしてしまうお話です。
ネットの評判はそこそこだけど、この偽警察官とのやりとりのセリフが出色です。
言葉だけでこうやってすすめる映画を「セルラー系スリラー」と名付けたいけど、その中でもピカイチの部類ではないでしょうか。言ってみると「ゼロ・グラビティ」だって方法論は同じなんですよ。
ここでのポイントは犯人が音でしか楽しめないのでOKってことで、ここが僕らには思いつかない現実。
そして、ポイントはほぼ最後まで女性店長が自分の罪に気がつかないってこと。やりますね、いいもの見せていただきました。

刀返して、日本のリーダーを見ようと録ってもらっていたテレビ特番の「LEADERS」鑑賞。なぜかフルクレジットがなく、制作がギリギリなのかと疑います。vfxのモーショントラックもズレたりするし。
それはともかく前後篇一気見しちゃうとは思わなかったです。「スティーブ・ジョブス」の映画見ている人に日本の豊田喜一郎を見せたい、という感じでしょうか。
実は80年代にも「トヨタ」の創成期映画はあって、「遥かなる走路」というんですが、これが好きでした。これには勝てないだろうと思っていたのです。
今回のは多少フィクショナルにしているのかスポンサーのからみか、アイチという会社名になっています。そして4時間以上でエピソードが「遥かなる走路」より充実。「トヨタ」でさえ、資金に苦労していたわけですから、僕らが資金に苦労しているはあたりまえだよね、なんて思いもあり、勇気が湧いてきます。
そして、テレビドラマの煽り方の勉強になる作品でした。シナリオ上の障壁を「技術」「時代や制度」「資金」「人間関係」など多重に配置していて、実にうまいぐあいに絡ませていってます。
また、山口智子さんの全盛期にはない抑えた感じの芝居に感銘です。

1日でこれだけ楽しめたのは久しぶり、嬉しくてほくほくしちゃいます。
ぜひ見てください。


コンプライアンス -服従の心理- [DVD]


ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]

 
LEADERS リーダーズ [DVD]


あの頃映画 「遥かなる走路」 [DVD]
 
【2014.03.25 Tuesday 18:19】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「モテ女キ」意外に面白かった
「アイドル爆弾」でほんのちょい出ていただいた由愛可奈さん主演作。うまくないけど魅力的とはこういうのを言うのだろう。
ストーリーも定番コメディでありながら、 キャラ立ちがいいのと処女喪失に時間制限を設けたことで面白く見られる。こういう場合、オタク役には少し太ったいいやつを使うのですが、痩せている伊藤俊輔さん起用がいい。
最後に夜12時までセックスするのに家に向かうのに手つないで走ったり、などの描写が青春映画していた。廣木隆一監督の「童貞物語4」のラストの走りや中原俊監督のテレビドラマ版「桃尻娘」で都電に乗ってセックスしにいくような恥ずかしいような真面目さ。
できたら由愛可奈さんには滑舌をよくしていただきたい。「俳優になりたい君たちへPART1」を強くおすすめする。結局宣伝かよ。笑
 
【2013.03.15 Friday 14:02】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「苦役列車」森山未來さんの熱演が光る
昨日、日本アカデミーの最終発表があったが、森山さんは残念だ。相手が悪すぎたとしかいいようがない。
「苦役列車」の森山未來さんのダメっぷりは最高だった。やはり山下監督はこの世界が最もあっている。また、DVDで見たにも関わらず、映画館で見たような錯覚を覚える作品だった。
高良健吾さん、マキタスポーツさんが極端だが素晴らしい。前田敦子さんも悪くなかった。前田さんはキャラや作品に対する叫びとかぶつかりが見えないけど、ドラッカーの時よりは全然ヒロイン像にはまっていた。
ただ、ひとつだけ難点をあげると、絵や設定がどこかで見た事あるものが多いこと。前田さんのとなりのおじいちゃんの溲瓶のくだり以外にあまり表現的発見の喜びはない。
ま、そういうものを求める映画でもないが。

日本アカデミーは「桐島」が作品賞とは。DVDリリースのタイミングでおいしいなぁ。笑
 
【2013.03.09 Saturday 14:14】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」僕にとって性の神様
映画『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』公式サイト

アントニオーニの「欲望」みたい。
代々木監督の作品はよく見ました。本も読みました。
代々木監督がいたから、僕はセックスに対して前向きになれた気がします。それとと最初のパートナーもね。そこ大事。

作品の方は、田口トモロヲさんのナレーションが入った時点で、おお「プロジェクトSEX」(親父ギャグ)だとテンションMAX。あくなき探究心で性に迫る人生が描かれ、また同時にフィルムポルノ、AV勃興期の貴重な証言も続々と登場します。人を傷つけず、傷つかずという時代において、人を傷つけても自分をさらけ出すことの意義をあらためて感じました。必見ですよ。

そういう私も及ばずながらセックスに関するハウツーDVDを出します。「語りかけセックス」、プロデュースと構成を担当。こちらは代々木監督と違ってさらけ出すという所まではいけませんでしたが、パートナー同士の殻をはずしていこうという思想は同じ。発売直前にまた告知すると思いますが、こちらも是非。



 
【2012.08.07 Tuesday 14:25】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ハウスメイド」後半1/3展開はあり「クロエ」つき
DVDで鑑賞。
「ミッシング66」の編集である人に後半1/3から展開が変わるのが、ちょっと遅いのではないかと指摘されまして、気にしていたら、「ハウスメイド」がそういう展開だったので気にならなくなりました。
確かにハリウッド的なシナリオセオリーで、ミッドポイントというものがあり、ストーリーの半分くらいで展開が大きく変わる地点があるのです。「逃亡者」で警察から逃げていた主人公が真犯人探しに変わるみたいなことですね。これが、ストーリーの半分くらいで行われているのがよいとされており、そこが遅いと言われました。
「ミッシング66」の場合だと、別の意味でのミッドポイントはありますが、大きく変わるわけではないんですよね。

ネタバレ。
「クロエ」も最近見て、思ったのですが、こういう困ったキャラクターたちは、死ななきゃ終わらないのか、と。「クロエ」の場合は、それより好きな俳優ばっかりだったので目は至福、しかも脱ぎありだったので、満足はしちゃうんですけど。笑
「ハウスメイド」「クロエ」ともに恋に狂った本人が、咆哮する姿を描かなくていいのかな、と思うんですよ。例えば「わたしを離さないで」は恋は少量ですが、精神的に咆哮しているのが明らかに感じ取れます。
最近、見ている映画が面白すぎて、自信を失いかけていたのですが、そこに関して「ミッシング66」はちゃんとやってる、大丈夫、と取り戻しつつあります。
9月発売まで先は長く、ドキドキは続きます。
 
【2012.05.29 Tuesday 13:31】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「モンスターズ 地球外生命体」嫌味なSFで面白い
考えてみたら、子供の頃の映画への興味はSF映画からはじまっていました。だから、1回は本格的なSF映画を監督してみたいです。
そんなことで、夢を実現させた先例を見ようかと。

本作は、ベースは恋愛映画。モンスターを退治するどころか、襲われるのだって、本格的には1回きり。ですが、アメリカに対する嫌味な描写がうまくて、社会的なテーマを内包しています。
あの壁がなかなか象徴的。ま、乗り越えているわけですが。
もう少し緻密にやれたなら、空爆される危険地帯の人々との出会いをピックアップした形で、アメリカの安全地帯の危うさ、二人が帰りたくなくなる感情変化にもっていけると、より効果的というか、わかりやすくなった気もします。ですが、アドリブ的なつくり方ですから、そこを求めるのは無理でしょう。
また、戦争直下の生活だけをフィチャーするだけでなく、モンスターズにも生活があることが描かれていて、そこで二人が自身の気持ちを変えるというのが、ポイントでもあるので、このやり方が正解なんでしょうね。
ただ、批判意見を聞いていると、なにかもう少しやり方があったんじゃないかと、余計なことを考えたくなってしまいます。それだけ魅力的な作品だということなんですけど。
 
【2012.04.26 Thursday 19:10】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ドッグヴィル」ニコール・キッドマンに首輪ですよ、笑
正月から大変なものを見てしまいました。
舞台風なのでスルーしていたのですが、「アンチ・クライスト」以来、刺激を受けたくなって借りたら、4時間近くありまして。おーっ、これは2日にわけて見るかなどと不謹慎に思っていたら、ニコール・キッドマン登場から、ドラマがぐーっとひっぱられて、すごいことに。
まだ頭が整理できなていません。とにかくニコール・キッドマンの涙目と首輪のインパクトがこびりついてて。トリアー監督、これはフルチェックですわ。
【2012.01.09 Monday 12:19】 author : koshiy2010 | DVDやネットムービー等 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP