俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
「男たちの大和/YAMATO」
キライじゃないときめきどっちかというと好きかもラブ
今までの日本の戦争映画、特に大和を中心にした大作は、どちらかというと名もない民衆を主人公に置かないことが多いイメージがあります悲しいそれは、大和自体が強いキャラクター性をもっているからでしょう。
この作品はその中においては、割と民衆視点に立っているので共感がもてましたし、何よりも大和の重量感、戦闘シーンの迫力はなかなかのものでした。(セカンドユニットがんばってます拍手
ただ、テーマ的には過去の精算の話なので、そこが今を語れずつらいのです。
私自身は「ムルデカ」や「氷雪の門」あたりの秘話もの系が好きなので、そんなものを期待していましたが、そこまでのものはエピソードとしてありませんでしたしょんぼり
そんなことを考えながら「俺ならこう撮る」となると、現在と過去が交わる物語の骨子はまず、いいとして、戦局説明のあの地図とかいるのかなと。あれが出てくるといきなりお勉強になっちゃうんですよ。
それより、前半は国内の戦争一辺倒になっていく社会風俗を写しとって、命を捨てて戦いたくなる気分を醸成する方が必要と思います銃
中盤は今のような感じでOKですが、ストーリー的にいうと実質主人公の松山ケンイチさんと中村獅童さん、反町隆史さんのあにおとうと男的エピソードがもう少し欲しい気がします。
沈没後のアメリカ軍の機銃掃射はカットせずに残したい。
エンディングは戦後のその後をもう少し丁寧にして、死んでも生き残っても過酷ポロリという不条理さをもっと出したいです。
その上で、鈴木京香さんの行動に繋げると効いてくるし、長渕剛さんの曲がくると悲しいそれでも生きるという今のテーマに繋げられると思うのですグッド
こんなに改訂ポイントを入れながらも、好きかもラブといえるのは、蒼井優さんの屈託のない笑顔ももちろんありますが、明日香丸の15才、池松クンをラストシーン近くでアップにして語らないメッセージを入れているあたりの素晴らしさだと思います桜
【2005.12.20 Tuesday 23:06】 author : koshiy2010 | 日本映画2005 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |
「大停電の夜に」
渋谷の電力館にいくと、こんな東京大停電はよほど何ケ所かの変電所なり発電所が同時に破壊されるようなことがない限りありえないびっくりことがわかります。つまりはどこかのエリアの送電がストップしても別の送電線を使って電気が送られるわけです。
でも、それにチャチャを入れるとお話は成立しないので、200歩譲ってそれはよしとしても、テロとか戦争という可能性にはまったく触れず、この暗闇の中であまりに平和な過去の恋の精算や後始末の物語を永遠と見せられるのはいかがなものでしょうか?
そして、この物語の最大の致命は電気ひらめきが止まっても困る人が登場人物の中にいないことです!個人的には井川遥さんがヘルメット姿に変身する姿を見たかったのですが、叶いませんでした。(彼女は今回ちょっと太った感じに見えて、キャラとしてはなかなか好きですハート
作品としては、トモロヲさん原田さん夫婦の各個人秘密をお互いに明かさないラストを見ればわかるように、たぶん狙っているのは「大人のファンタジー」なはず。しかし宇津井さんがクルマを盗んだりしたら台なしですしょんぼり
ただ瞬間瞬間としては考えられているシーン、ショットも多いのでまったくダメな作品ではありません。
「俺ならこう撮る」としては、90年代初頭のトレンディドラマのようなみんなが当初から繋がっている相関関係は極力切って、繋がりは「豊川さんのお店の出入りがある」という一点に絞ります。
停電のおこる前の日常をもっと殺伐に。そして停電でそれが途切れ、うるさいサウンドが沈黙に、みたいなことを試してみたいですね。
トモロヲさんは電力会社勤務、世の中大変なことになっているのに左遷されたのでもう関係ないみたいなダメさを出したい。井川さんはダメな女の子が電力会社に戻って仕事で一旗あげる感じに。
ほか主要登場人物はみんなどこかで電気ひらめきがないのが足枷になる場面を入れたいです。
また、香椎さん本郷くんコンビは背景が少ないので、特に本郷くん中心に孤独感プラス星香椎さんはモデルとしての仕事ができなくなる挫折から立ち直るのがわかるように。さらに吉川さんは世の中に虫けらみたいに扱われる描写が停電前にあると地下鉄が生きてきます。
ラストは明るくなる前に電気が戻る。そこが原田さんが店に入れないポイントにするとぐっと私的にはきますねグッド
【2005.12.09 Friday 19:32】 author : koshiy2010 | 日本映画2005 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
「同じ月を見ている」
最近医療もののビデオをやっているせいか、医療シーンのリアリティに目がいくようになってしまった見る
最近の看護師はナースキャップを被らない、黒木さんが救急搬送された病院のロビーが古く小さくて救急指定に見えない、最後の心臓移植は誰が同意したのか?(物語上本人って解釈はできないこともないが、そんな状態だったらまずチャンさんを生かすだろ)…など。ちなみに松尾さんの美容整形外科に多数の使っていないベッドがあるのは昔整形外科かなにかだったという解釈ならわかりますが、2Fにあるしなぁ…しょんぼり
出演者の行動と感情も奇妙。
主役の窪塚さんの周辺が描かれていないのが最も辛いのですが、なんであんなにチャンさんに敵意を抱くかわからない。医者なのにいきなり切れるし。窪塚さんの黒木LOVEラブっていうならそういう描写がもっと強調されていないと。。。
自分のひとことで父をなくした黒木さんはもっと罪深いはずで「人殺し」発言もそうですが、直接の原因は自分のはずなのに山火事そのもののせいにしている。これに対する人間の成長は少しはありますが、肉親を失った事件としてはあまりよく描かれていなかったといえますバッド
チャンさんについては人間的にはおかしくないのですが、キャラクター造形的には弱点がなく、魅力を最も出さなきゃいけないはずなのに、ステレオタイプに「いいひと」だけで終わってしまっています。
安心できたのは岸田今日子さんのセリフで絵を見ながらチャンさんの過去を語るところ。ここはさりげなさが絶品ですラブラブ
窪塚さんがラスト前で「謝らなきゃ」みたいにいってしまうのはどう見てもおいしくなくて、説明として見るなら本来ならここに来るまでにすべて片付けておかなきゃいけない。言わなければまだ敵対しつづけるというサスペンスは少しは続くのですが、ここで完全に消し去られてしまいました。連続もののテレビならありですが、このセリフで所謂クライマックスが消化試合になってしまったのは否定できないといえます。
「俺ならこう撮る」という観点からいうと、以上の点を変更しつつ、あの多すぎる月のショットを減らし、ラストで「同じ月を見ている」のではなく、月がそんな人間の愚かさを見ているような形にしたいところですグッド
また住職の孫のわかりやすい伏線もちょっと困るので、これは岸田さんとほぼ同時にいい子として登場、どこかでチャンさんと陰で一悶着させ、チャンさんが寺を出るきっかけとして出されたキャラクターとして売るのがいいと思います。
【2005.12.07 Wednesday 20:26】 author : koshiy2010 | 日本映画2005 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「ALWAYS 三丁目の夕日」
これすばらしいな。好みとはちょっと違うけど拍手拍手
オープニングのCGから列車の窓でほとんどやりたいことはやって、本篇に入ってからはCGがあまり主張しなくなるところがよい。なのに吉岡さんが最後クルマの後を走るところとかはちゃんと大通りまでやって地味に主張していて、こういう使い方って理想じゃないですか!
あと丁度いい感じのキャスティング。このクラスだと話題だけのキャストが必ず入っていたりするけど、ダメな出演者がいないので安心して見れますOK
今まで好きになれなかった小雪さんもかなりいい味出して一挙に好きラブに。
これも自分でつくれないなぁ。。。(ブログ存亡の危機)
難はラストで子役の須賀くんと別れないのがなぁ、ちょっと子供っぽい。
映画自体はそれで幸せなんだけど、メッセージとしては須賀くんが、引き取られた家を変えていく未来を想像させることが、現代の日本に向けてのメッセージのような気がするんですよね!
でもこれシリーズ化して欲しいです。
【2005.12.07 Wednesday 19:16】 author : koshiy2010 | 日本映画2005 | comments(5) | trackbacks(1) | - | - |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP