俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
「アイ・アム・レジェンド」むしろ吸血鬼で見たかった気も
ゾンビというかバイオハザードな話でした。ですが、原作は「地球最後の男」で元々は吸血鬼話らしい。むしろこっちが元祖みたいです。個人的には吸血鬼で見たかった気もします。するとマネキンみたいになってしまった人のイメージがつながります。

とはいうものの、作品的には前半、回想をのぞいてほぼ一人と一匹しか出ない状況でお話がちゃんと回転しているのは素晴らしい。よくある謎が解きあかされていく展開ですけど。後半は対決。これは普通のゾンビ系アクションなんですが、それまで静かなので、パンチは強くききます。
で、やっぱり実際は「地球最後の男」でなかったということになりますので、「俺、伝説」ってタイトルは正しいのかも知れません。「仮面ライダー」の「俺、誕生」とあい通じるヒーローの自己主張が感じられます(笑)。

さて「俺なら」ですが、どうしてもあの自宅の秘密の研究所がいつできたのかが疑問になってしまいます。回想シーンの時間軸、それ以降では、あの町で建設をやっている余裕はないはず。ということはそれ以前に人類が滅亡することまで予測して、あれだけの防衛力をもった研究所をつくっていたことになり、あまりに準備万端。それなら自宅ももっとちゃんとした自家発電装置をつけているはずですよね。それはともかく、シナリオ的には回想シーンで秘密の研究所を一回売っておいた方がいいのでは、と思いました。じゃないと、あの硬化ガラスまで廃虚の町のどこかから手に入れたように思えてしまうのですわ。
ま、空白部分が多いのでどうにでも想像すればいいんですけど、たぶんちょっと未来に作品を見直した時に、過去のSFを今見ると科学的に見えないのと同様なリアリティの欠如を感じてしまう気がします。そこまでちゃんと考えてるよと主張する言い訳が用意されていたりすると、うなってしまうはずです。そこが1950年代のSFを現代に映画化する価値の与え方のひとつだと思うのです。
【2008.01.11 Friday 15:55】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ボーン・アルティメイタム」空撮と手持ちでスピーディ
シリーズの途中から見るというのはあんまりやらないんだけど、評判がいいもので。
空撮と手持ち風の撮影と編集がスピーディで気持ちいいです。
お話はそんなに複雑ではないですが、カットで見せる・説明する要素は多いんですね、位置関係とか。これをうまくこなしている気がします。それから空撮の使い方がうまいのに驚きました。この作品の空撮って、場所移動の説明と大作感を醸し出すのに貢献するのだけれど、がんばってクルマ追っかけたりというのは少なくて、労少なく効果が高い使い方をしているような感じです。でストーリーに溶け込んでいてなかなか面白いです。

「俺なら」はあんまりなし。エンディングが3部作の完結編とするならば、あそこまであからさまに生きています表現はしなくてもとは思いましたけど。
【2007.12.21 Friday 22:37】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「バイオハザードIII」半分に割れたテーブルが好きだ
実は94分しかない映画なのですわ。「II」もそのくらいなんですが、お腹いつぱい感があるのは優れている証拠なのでしょう。
前回お気に入りだったシエンナ・ギロリーはお休み。
シリーズが進むにつれてお話がだんだんシンプルになって見やすく凝縮されている感じがしますが、ミラのセクシーシーンも減少している気も。ま、いいけど。

ちょっと気になるところがいくつかあって砂漠の中のアンブレラ社の秘密基地への入口の小屋を偵察している時にゾンビが攻めてくる気配がまったくないとか、若干ご都合設定のような気もしなくはない。(その前に遠くの方も含めてうようよしていたのに)
それはともかく、総じて娯楽作として楽しめました。

で、一番気になったのが、その秘密基地への入口の小屋に置いてあるテーブル。地下への秘密のエレベータを隠すために置いてあるんだけど、エレベータが上ってくると自動的に半分に割れて、舞台でいう奈落のような感じで床が開きエレベータが到着するんですわ。
そのテーブルがですね、普段の状態でも半分に割れているのが明らかにわかる。ってことは、これ置いてある意味がないんじゃない。まるでドリフの「8時だよ」の小道具みたい。誰かが見たらバレるだろ。CG全盛の時代になんともアナログなまま残っている。でもそこが何とも奥ゆかしく好きになってしまいました。

「俺なら」的にはミラのセクシーシーン、もう少しお願いします。
【2007.12.09 Sunday 03:20】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「ヘアスプレー」冒頭から歌いまくるN・ブロンスキーにキュンとなる
冒頭から歌いまくるニッキー・ブロンスキーがいい。疲れを忘れさせてくれる作品。
ただストーリー的にはN・ブロンスキーの青春映画というよりかは、差別のテーマを盛り込みながら主な出演者みんながそれぞれ大円団のラストに向かっていくようなつくり。

かなり満足度は高いのですが、「俺なら」的にはN・ブロンスキーの太っているということと黒人差別というのをリンクさせる展開ができなかったか、と思ってしまいます。差別要素としてまったく別のものだというのはわかっているのですが、N・ブロンスキーが当時差別を受けていた黒人たちと白人と同じように(というか、それ以上に)接することができるのは太っていることで自分が受けてきた差別が根底にあるはずで、そのリンクがあればこそラストの大円団が彼女にとってのカタルシス解放に繋がるはず。
前半で彼女へ対するイジメのようなものがもう少し描かれ、それを黒人生徒がどうしようもできない。そして黒人への差別がもう少し早めに表出し、最初はそれを彼女がどうすることもできない。なんてシーンがあると彼女の精神的成長がもう少し厚くなると思いました。

ミュージカルは実はもともとあんまり好きでない分野だったんですが、日本映画でかなり立ち後れているジャンルでもあるので、何か仕掛けたいなぁ。と思いつつ「君も出世ができる」のビデオを探しにTSUTYAへ。ないんですねぇ。
【2007.12.02 Sunday 10:55】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「インベージョン」今や古典的SFの野望
ほんとに今や古典的SFなのでどう評価するかは難しいですが、不可なくバランスはいいし、今風のアレンジはなされている作品だと思います。芝居やセリフもいいのでそこそこみんな満足して劇場を後にするでしょう。
でも、はたと我に帰って考えてみてください。それこそこの映画が扱ったテーマ「人間が均質化して平和になることが幸せか」というのに近い「均質化された映画がお客さまにとって幸せか」ということを。
実はこの映画こそがこのテーマを現実世界にウィルスのように撒こうとしているです。それをワザとやっているんなら恐るべき映画だし、たまたまそうなっちゃったなら面白いけど凡庸で記憶に残らない作品です。

「俺なら」的に言ったら、やはりむしろこのバランスを崩したいという欲望に駆られます。例えば、均質化した理想社会のSEXはどうなるんだろうとか、眠りにこだわって、眠らずにいる不自然さというのが人間の自然界における不自然さみたいにテーマが創出されてくるとか、主人公の精神科医の友人に戦地で人道支援している人が一人いるだけでも物語はもっと多様な転がりを見せる気がするのです。何か2000年代に生きる人間が共感できたり、直面したりしている要素が強く入ってきて欲しいと思いました。
【2007.11.10 Saturday 16:42】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いまさら「レミーのおいしいレストラン」「トランスフォーマー」
忙しさは続くが書かないとためて「ブラッドダイヤモンド」の頃みたいにスルーしちゃいそうなので、2作まとめで。

「レミーのおいしいレストラン」
ねずみがシェフというのがやはりいいのです。ミッキーという大御所ネズミキャラにグループ内とはいえ競合しようという挑戦?まずはこのクリエイターたちに敬意を表したいです。いまやCGも全然カートゥーンな動きをしてしまい楽しめます。
「俺なら」的には現料理長を敵キャラとして組み立てているのにちょっと勿体なさを感じました。最大の敵は衛生局だと思います。それとも続編のためにとってあるのか。そうであるなら期待しちゃいます。

「トランスフォーマー」
とにかく日本のアニメや特撮(あえて)を思わせる絵づくりがなんとも共感。この監督の得意技の戦闘シーンに日常が入り込むような描写も好調でした(今回は高速道路でのロボットの戦闘に子供の「すごい!」のセリフ)。
「俺なら」としては日本人の好きなタメとか見得がないのが少し残念。ロボット揃ったらシャキン、シャキン、シャキン、でズームとかやって欲しいよね。俺ならやるね。それが安っぽく見えてもやりますね。
【2007.10.17 Wednesday 22:57】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」期待値高すぎたか
一応「ハリー・ポッター」は全作劇場で見続けているんですが、今回は前評判も良くて期待値がかなり上がって行っちゃったんです。なんでちょっと、いつも通りやんって感じかなぁ。

「俺ならこう撮る」。毎回ファンタスティックな映像表現に驚いていたはいたんですが、今回は少しストーリー重視のためか、驚くようなものがなかったのがやや残念。騎士団のアジトのアパートメントがあれだけ面白い出現しているのに、なんで魔法学校の秘密の会合をする部屋はあんなにシンプルな出現なんでしょうか。
ハーマイオニー(エマ・ワトソン)とチョウ(ケイティ・ラング)との三角関係は、私的にはかなり気になっていたところですが、チョウの裏切りによって…みたいなご都合展開なのが引っ掛かります。これは裏切ってもチョウが好きみたいにハリーがなると魅惑的なんですが、かなりニュートラルに戻ったようなイメージだったので定番的に思ってしまいました。(まだ気は残っているようにも見えるので次作でどのくらいのスタンスにするかは注目ですね。)

だんだん大人の話になってきて、ユーモラスさは減少。とはいえ、もちろん見ごたえのある作品です。
【2007.08.24 Friday 22:58】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「レッスン!」バンデラスが先生なんて?
アントニオ・バンデラスが先生を演じる教師もの。しかも社交ダンスなんて、リアリティがついていけないと思ったら、なんとTRUE STORYがモチーフらしいです。へえー。
やはり生徒ひとりひとりの背景はすべて描き切れないのですが、総じてはカタルシスを感じる小気味いい作品となっていました。

「俺ならこう撮る」。やはり先生の背景が欲しい気がします。ほとんどボランティアに近い形で生徒たちの間に入っていくのに説得力が欲しいです。こちらはTRUE STORYもとなので、そのへんのリアル取材ができるはず。また先生自身も生徒から教えられたことってないのかなぁ。なにか先生の人間くささが欲しいですね。
【2007.08.05 Sunday 18:55】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ダイ・ハード4.0」1作目を超えられないジレンマ
がんばっているんだよね。企画が。
ただ「ダイ・ハード」は超傑作の1作目を超えられないと評価されないに違いないです。
ブルース・ウィリスの一般的なキャライメージの自己模倣をやらせざるおえない宿命に陥っていて、ここを解決しないとこのシリーズは宇宙人と戦うことにもなりかねい規模拡大路線を突っ走るしかなくなってしまいます。

「俺ならこう撮る」としては、規模縮小をお勧めしたいです。シリーズ1作目のポイントで2には踏襲されていたのに3.4に抜けているのは孤立による行動範囲の限界です。このおいしい障壁があってこその「ダイ・ハード」だと思いますので、当然ヘリコプター操縦などしてはいけません。
マクレーン刑事とハッカー青年マットは、テロ一味の罠にはまってどこかから動けない状態をつくりたい。それプラス娘ルーシーの誘拐という流れが加われば、もっと効果的にこのサスペンスを盛り上げられる気がするのですが、いかがでしょう?
あと、本作の場合、父親嫌いなルーシーの気持ちの変化=父親を見直すというのはわかりやすく描かれているのですが、父の方も娘を見直す(別の面で評価する)という描写があってもよかったのではと思いました。ま、ベタですけど。
【2007.08.03 Friday 23:09】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「アポカリプト」絶賛!20数年ぶりにパンフ買いました
映画見ている途中で、わぁ、これ面白い!!!とわくわくする瞬間を久しぶりに体験。
すごくシンプルなのに、こんなに目が離せないというのはすごいと思いました。
ま、規模は別にしたってストーリーテリング的には自主映画だってできる内容ですからね。
話はオーソドックスなんですが、特に目をひいたのは罠の伏線消化。残り三人で使っちゃって、おお、どうするのかと思ったら…なるほど。消化試合にならずリアルに感じてしまいます。

といいつつ、ひきたくなるところもなくはないんですが、これはクセというか、気にしなければ気にならないという印象でした。20数年ぶりにパンフ買いましたわ。
【2007.07.06 Friday 20:04】 author : koshiy2010 | 外国映画2007 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP