俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
「茶々 天涯の貴妃(おんな)」10年後にカルトにしたい
実は橋本一監督とは大学の同級なんです。だからやりたいことは手にとるようにわかりました。血を出さず一定の評価を得たおしゃれな「椿三十郎」より10年後にカルトとして語り継がれるのはこの作品であって欲しい。こちらは女性時代劇映画風でありながら血をまき散らし、大阪城が爆発するある種のトンデモ映画。そういうアクションがやりたいんですよ。出来の問題抜きにしてどっちに共感するかは明白といえましょう。

とはいえ、和央ようかさんに女性の主役をやらせるのはきつい。あるルートで聞いた話では、私としても納得できる女優の名前が最初はあがっていたよう。
茶々三姉妹の映画の年齢は上から和央さん、寺島さん、富田さん。私の年齢的イメージは上から寺島さん、富田さん、和央さんなので、和央さんが一番上の姉に見えないんですよ。ですが、実年齢はこの正反対で和央さんが一番上ということらしいです。それはそれでびっくりしました。

「俺なら」としては、和央ようかさんは絶対真田幸村(やはり男)だと思うんです。で、主役を実績的に考えると寺島さんにするのが普通の考え方じゃないかしら。ま、スケジュールとかギャラとかあるとは思うんですが。ちなみに富田さん出演はかなり嬉しいし、谷村美月さんや「マリ」の佐々木麻緒ちゃんもちょい役で出演がいい。
他もベテランのすごいメンバーが出ているにもかかわらず、なぜあの和央ようかさんオンリーのポスターがメインなのかもまったく理解できませんね。DVDではぜひ爆発する大阪城をバックに写真合成でこれらのメンバーが重なりあうようなアクション映画風なジャケットを個人的には期待したいです。この際佐々木麻緒ちゃんには犬抱かせちゃうとか。

橋本監督には期待しています。その実力は「新仁義なき戦い・謀殺」の方が出ています。こちらは掛け値なしの傑作。
【2008.01.17 Thursday 02:30】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「スマイル 聖夜の奇跡」ありえない話だがパワフル
ひとことでいえば、ありえない話だがパワフルでした。
出演者がみんな陣内さんに見えてくる芝居を堪能できます。

ただ、またも回想。いい加減スポーツドラマは「がんばっていきましょい」の呪縛から抜け出ささなくてはいけないのでは? 過去にすればすべて美しくなっちゃう。

越坂的に注目は1987年でスーパードライを飲んでいるシーン。ちょうどこの年に発売開始なので。普通は現在使われていないものものを出しがちだが、そうしないところはタイアップ?以上の面白さがありました。

さて「俺なら」としては、森山未來さんのタップダンサーという設定があまり効いていないのが気になります。素人監督の作戦としては1回戦が最も有効で、あとは精神論やリズムやモチベーション勝負になっています。
タップのリズムでイメージトレーニングさせるような作戦は、例えば他のチームが今までの作戦を研究してそれを乱す作戦に出た。だからタップのリズムを使え…みたいにならないと設定を伏線として完全燃焼することができないと思うのですが。
RIKIYAさんのチームもあれじゃ最強にしては頭悪すぎちゃいますもの。ま、最後は奇跡で全然かまわないのだけれど。
あとついでにいわせてもらうと、子供たちの話し方が現代的すぎたり、バブル前夜の1億総中流の時代の空気が出ていないあたりもやや不満かな。

とはいえ、10代前半の少年少女を真直ぐパワフルに描き、奇跡のおこる夢のドラマを見れたのは楽しかったし、何もかもがハッピーエンドにならないラストもよいです。上のような些末なディティールが気にならなくなる程、作り手のメッセージはちゃんと伝わっていて、いいクリスマスプレゼントだと思います。
【2008.01.04 Friday 17:29】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「マリと子犬の物語」さらば宇宙戦艦ヤマト以来泣けるわ
とにかく佐々木麻緒ちゃんのナチュラルな芝居とマリ役のわんちゃんイチがいい。
船越英一郎さんや宇津井健さんなども普段大見得芝居になりがちですけど(そこが魅力でもあるのですが)、本作では比較的やりすぎてない。またあんまり買っていなかった高嶋政伸さんがこれまた芝居を抑えていてよいです。
やはり新潟で撮影しているためか、とにかく現場の空気が伝わってくる感じがこれまでの動物感動ものと違うメッセージを醸し出す。困難に直面する日本人に正当にそれを乗り越えるドラマを提供しています。
子供たちだけで村に戻ろうとしたりするあたりの微妙に大人への反抗があったりする。このへんのさじ加減もよろしいのではないでしょうか。
自己犠牲のドラマとしては「さらば宇宙戦艦ヤマト」以来泣けましたね。

「俺なら」としては非常に迫力があるVFXの中でマリが川に落ちるひき画だけちょっとしょぼい。俯瞰があればあの画はなくてもいいんじゃない?音だけでもいいんじゃない?
【2008.01.02 Wednesday 15:34】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「てれすこ」見事に言葉が自分のものになっている
実は10年前に小泉今日子さん主演で「砂の女」をつくるのが夢という表明をして以来、意外にも主演作をスルーし続けていたりしています。それは小泉今日子さんのやっている役に実はあんまり私が動かされなかったからだったのですが、本作はある種のアイドルの残像を残す小泉さんが見れそうということで見てまいりました。
中村勘三郎さん、柄本明さん、小泉今日子さんをはじめ芸達者な面々が顔をそろえて芝居的にはゴージャスこのうえない。特に主演三人の台詞については、よくある時代劇で見られるような方言とか時代劇言葉を言わされている感がないスピードのある発声で、言葉が身についているというか、自分のものになっているのが素晴らしいと思います。もちろん庶民の話という性格もあるし、それほど難しい言葉はないということもあるでしょうけど。快活に作品世界にひきこんでくれます。

「俺なら」的に不満があるとすると、まぁ、かなり根本になっちゅうけど、「てれすこ」がなくてもストーリーが成立しちゃうことかしら。象徴的に描かれているポイントは入っていますが、ここはやはりもう少し三人のロードムービーのどたばたの中に投入していただきたいなぁと。中村さんか江本さんがてれすこを知ってから、それを食べるのが旅の目的の二つ目くらいになってもいいのではと思ったりします。
また、中村さんがてれすこによって過去を断ち切る決意をするんですけど、これも自分の中からというより、ちょっと他力な印象があってテーマとして最後にもってくるには弱いかなぁ、とってつけたかなぁと思っちゃいました。
【2007.12.28 Friday 23:50】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「椿三十郎」どういう期待をするかなんですけど
まぁ、ひとことでいうとがんばったと思います。まずはそのまんまの脚本での映画化に敬意を表したいです。
織田裕二さんのある種モノマネ風な芝居をテレビの特番で見て、えっ、大丈夫?と思っていたので、映画になったら大丈夫だったりするから不思議。っていうか、むしろ徹しているという意味では魅力なのかもと思わせてしまいます。

芝居的には森下千里さんほか2名の腰元たちより鈴木杏さんの方が役の大きさから考えると気になるかなぁ。ああいうキャラだとはわかりますが、ま、正直ゆっくりセリフをしゃべっているだけで、実在の魅力が感じられないのが致命的な気がします。
そういう意味ではあの腰元たちの方が「バカ殿」っぽくてもセリフが下手でもいそうな実在感はあるんですよ。

「俺なら」としては、黒澤監督にこだわりすぎるのがどうかと疑問を投げかけたい。どうしたって、作る方も見る方も、黒澤さんはこうやって、森田さんはこうやった、みたいになるのは目に見えているわけで、対黒澤さんベースでやってたら、想像力に限界が出ちゃう気がしてなりません。例えば、黒澤さんは血しぶき出したから俺は出さないみたいなことになっちゃう。
時代劇って大きな表現的な革命が数えるほどしかない気がします。あの時代の建築があんなに居心地がいいものなのか、9人が算段をしたりするのに神社に集まるのは、集まるほど大きな家がなかったんじゃとか、対黒澤さんというより、対時代劇に対する今の世代の表現者の想像力や思想をせめて追い求めないとならないのではと思いました。
どういう期待をするかですし、ま、面白く見たんですけどね。
【2007.12.21 Friday 23:49】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「オリヲン座からの招待状」「続三丁目」の背面史だが…
なかなか撮影的に面白い色を使っていておおっと思ったのが第一印象。
伝統ある映画館を守り続けた夫婦みたいな二人を描くのですが、近所の目が二人に冷たかったりして、同じ昭和30年代を描いた「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の背面史的暗さがあるのが好感触。ぜひセットで見ていただきたい。
ただ、加瀬亮さんの老人になった姿が原田芳雄さんというのはかなりきつくないだろうか。かなり弱腰な感じで原田さんも演じてますけれど限界がありますわ。
あとストーリー的には、説明不足な面が多く、問題を解決せずに突き進んでいて、どうして平成?の世まであの映画館がもったのかがよくわかりません。加瀬さんの代になってからの近所の付き合いがケンカで解決しているのか、なんで当の主である宮沢りえさんの老人役中原ひとみさんが閉館の時に舞台には出ず、映写室にいるのか、が2大疑問点かしら。

「俺なら」的には、問題→解決を繰り返すことで、ドラマを進展させるつくりにしたい。オーソドックスですが、その問題がだんだん大きくなると。そしてなんとかどの問題も解決してきたんだけれど、本人の老齢だけには勝てずに映画館をほかすことになる。そこにしみじみできる映画にしたい。

撮影の柳田裕男さんをネットで調べるとVシネ系の仕事が多く、なかなか面白い経歴。あの全体ややアンバーめでありながら、影の部分は青みがかる色の使い方は、不自然で普通はやらない所だが、あえてチャレンジしていて、そのへんはこういう経歴の中から生み出されてきたものか、と妄想している。
【2007.12.02 Sunday 11:41】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「恋空」何を見て感動すればいいんだろう
正直自信ついちゃう。
実は図書館でエッチしたりして、結構アナーキーな青春映画です。でも、主演の問題からかそのアナーキーさは演出的には皆無で、さわやか感動路線のまとまり。
いいんです、私が最も見たかった図書館でエッチをする時のドキドキとか、どういう状態でやってんだい?なんていうのは新垣結衣さんが主演になった時点で諦めましょう。
でも、小出恵介さんが新垣さん諦める時の感情の動きとか、新垣さんが子供を失った時に自分を責めるような描写が微塵も感じられないのはどうかと思います。あれじゃあ、主人公中心に世界が回っちゃって、何を見て感動すればいいのかわからない。
唯一の救いはセリフがほとんどないのに存在感を見せつける麻生祐未さんの再発見くらいでしょうか。
そもそも、二人が手をつなぐシーンでいちいち手のアップ撮ってたりする時点で演出的な力は予測していたのだけれど。(ぜひ「小さな恋のメロディ」のトンネルで主人公たち二人が手をつなぐシーンを教科書として欲しいものです。このさりげなさがロマンスですよ)

「俺なら」的には多々改訂したくなる所はありますが、新垣+小出シチュエーションの演出の荒さが最も目についてしまいます。小出さんと付き合う言い訳に死んだ赤ちゃんが「ひきあわせてくれた」のような言葉があるのに、別れる時は自分の意志。それが成長だというならそこをきちっと見せないとおかしくない?
二つの道から小出さんの道を選ぶシーンがあって、そこがその後の小出さんのリングが落ちて拾うか拾わないと呼応しているはず。それはシナリオ的にはすごくいいんだけど、ここで小出さんに先に決断させて、新垣さんが悩む場がない。リングが落ちたことで失恋を予感する小出さんも悩まず即決して「拾ったらあかん」とか叫んでるし、なんで三角関係解消の大きな見せ場をあんなにあっさりとやっちゃうのかわかりませんでした。カット割って視線の動きとかを丁寧にやってもいいし、ワンカットでその空気を大事にして想像させるんでもいいんです。何かやらないと盛り上がらないわ。

また、些細なことで申し訳ないですが、三浦春馬さんが死にそうな時に、点滴触ってオロオロしている医者って、お前何してんの?とつっこみたくなる。例えそれがあり得る動きだとしても命を救おうとしているように見えないよね。

衝撃的かどうかはともかく、大変ドラマチックなストーリーなのに勿体無いよなぁ…と思いました。
【2007.11.18 Sunday 18:05】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」ここまでいい話だとかえって気持ち悪い
前作を見て2作目を待望した一人でしたが、今作にはやや失望。
理由は二つで、芥川賞まわりで話を絞ったために、前作で持っていたエネルギッシュな人々の生きざまみたいなのがうまく出なかったのと1作目であったこれでもかという空間演出がなされていなかったということに尽きるのではないかと思います。

VFX的にはやっていることは高度になっているような気もします。ただ、完成した東京タワーのようにストーリーもキャラクターもきれいになりすぎ。すべて前作の80%くらいの守りに入ったつくりに心の底から楽しむことができませんでした。つまり連続ドラマの最終回を見ているようにすべてが美しく消化されているんです。

時代が進化していくということはそこに犠牲になるものがあって、前作ではピエール瀧さんが演じる氷屋が電気冷蔵庫の登場で仕事が減っていく姿などが描かれ、深い印象を残していました。こういうディティールの積み重ねが味わいなんですが、そのピエール瀧さんさえもアイス屋になって復活しているし、もうみんなあの頃はよかった状態。ここまでやられるとかえって気持ち悪くなります。

芥川賞以外のエピソードももちろんあるんですが、最終的に芥川賞に流れ込んでしまって、印象に残らない。前作の各エピソードのバランスのよさから比べると苦しい。せめて最後の砦で小日向文世さんがもう少し悪役だったらとか、堀北さんのBF浅利くんがワルのままだったりすると少しは自分的には救われるんですけど。

「俺なら」としてはまず、最後夕日で締めるんなら最初も紙飛行機ではじめればいいのにと思いました。
【2007.11.13 Tuesday 23:59】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「HERO」やばっ木村拓哉に泣かされる所だったよ
評価の高い「HERO」ですが、予告はまったくチンプンカンプンで期待を抱かず劇場へ行きました。
他メンバーは割と固い芝居で木村さんだけがフリースタイルというか、今風の作り込まない芝居。でも、ラストの語りのことを考えると相当計算してますわ。泣かされそうになったし。で、普通はこれがアンバランスになりがちなんだけど、この作品の場合、特に前半部で間を使いまくるので、これが妙な味になって調和しているから不思議。レギュラーでやってきた成果でしょうか。
やはり注目は松本幸四郎さん、バンテリン以外で久々に見て、過去作品「遥かなる走路」を見直しちゃいました。(先日映画祭でお会いした佐藤純彌監督というのもあって)
二人の芝居のやり方がライバル感に直結しててなるほどと。
ガールズ系監督としては、木村さんと中井貴一さんにはさまれてる綾瀬はるかさんは、がんばっているけど実力はまだまだ。でもこの布陣に囲まれて育つのはいいやね。贅沢やね。

さて「俺なら」ですが、演技的なまたは演出的な面白味はかなりいいこの作品も、シナリオとしてはやや食い足りないところもあるかなと。証拠のクルマを探すシーンが偶然の会話で韓国に売り払われているのがわかったり、韓国で買った人間を訪ねると偶然…という風に、割とご都合で話が回っている所が多いです。
クルマで引っ張った割には日本に持ちかえって大きな証拠にできないなんていうのも、ちょっと大段取りしてスカを食らう面白さが生きていなかったりします。
あの場合は木村さんが偶然聞くのでなく、他のメンバーが聞いて何のことかわからずにプレスされたクルマを探しまくったあとに海外に売られてたにすると、もう少し偶然が気にならなくなるかなぁ。で韓国行っても同じようにプレスされたもっと多くのクルマの中から探さなきゃになると面白くなるはず。探せば探すほど広がって絞られていかないような。見つけたところに、松本さんの証拠として否定する声が被って、日本に飛んで無駄骨折った二人の表情みたいな編集が見たかった気がします。

とはいえ総じて期待以上の作品ではありました。華やかでした。
【2007.11.02 Friday 23:48】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」木村佳乃に惚れる
「ジャンゴ」が男の映画だとばかり思っていました。三池監督だし女子描写よりかは男子描写の人ですもの。古いけどSPEEDの「アンドロメディア」なんてDA PUMPの方が魅力的だったし。

で、木村佳乃さんですが、深夜のテレビで素に近い感じで出ているのを以前に見たことがあって、ドラマの雰囲気と違うなと、笑うとかわいいなと、なんでシットリ方向の役ばかりのイメージでこの笑顔が出ている作品がない、幅を持っているのに生かされていないのを残念に思っていました。

「ジャンゴ」もどちらかというと堕ちる系なので、かわいいというよりシットリなんですが、この作品って、タランティーノが壇ノ浦の戦いから、数百年後(アバウト!)の世界でアニメの話までしていて、スキヤキ自体が一般に食べられるようになったのは幕末・明治以降の話だから、数百年というのは700〜800年と考えるのが妥当な結構最近の話だと…なんてことを考えるのも馬鹿らしいほどパラレルな世界に突入しているわけで、三池ユーモアワールドを解さないと参加不能な作品といえましょう。だから、ここに参加しているっていうだけでもう幅広がったって喜んでしまったというわけなんです。
アンドサービスシーン多いし。

さて「俺なら」ですが、根本的なことかも知れないんですが、スキヤキ・ウエスタンではないと思うんですよ。日本の時代劇と西部劇のミックスなんです。先にいったようにスキヤキは幕末以降に広がっていることから、日本の時代劇を認知する言葉ではないので、スキヤキ・ウエスタンとは日本製ウェスタンという意味でとらえるのが妥当。だとしたら、本家西部劇以上にマカロニ・ウェスタンのパロディであるべきだと思うわけです。

でもたぶんスキヤキ・ウエスタンというのは宣伝しはじめてつけた可能性も高いのでタイトルに合わせて作品を変えるというよりかは、スキヤキ・ウエスタンとつけているということに違和感を感じるというのが本当なんでしょうね。
ま、映画は面白かったんで別にいいんですけど、気になったもので。

あ、追伸、桃井かおりさんスパークしてます。昔みたいです。
【2007.10.24 Wednesday 22:32】 author : koshiy2010 | 日本映画2007 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP