俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
4/27「メス猫 キャットピープルの誘惑」リリース

2週連続で監禁Vシネと教育映画ロケという、相変わらず振り幅の広い活動をしています越坂です。

どっちも私、好きだし、得意分野だと思っておりまして、真のプロはこの振り幅がある人だとも思っています。

といいつつ、アーティストのPVつくれって言われてももう感性的に無理だと思うので、齢とともに幅はやや狭くなり、得意分野の深さはやや深くなっているのかも知れません。なので、最近は幅にはこだわらなくなりましたが、まぁ常にチャレンジする場に自分がいたいという気持ちは持ち続けたいとも思っております。

 

映画というのは本来自由で、特に今回ロケした実感として感じるのですが、この2分野の作品にはそれぞれで信頼のおける素晴らしい俳優がおりまして、こっちの作品にこっちのキャストを使えればどんなにいいだろうと、思うこともしばしばあったりするわけです。なのですが、僕の自主規制も含めてできない大人の事情もあったりします。

スタッフについても同じで、キャストほどでないにせよ、スタッフ構成の仕方が微妙に変わります。

 

監督という立場だと、なじみのあるキャスト・スタッフで作る方が効率はよいし、クォリティも維持されるから安心。しかし、低予算作品が持つメリットなはずのチャレンジを失う可能性もあります。

かつて、ハリウッドが50年代に行き詰まっていた。そこを変えたのがニューシネマやのちの映画学校世代の監督たちだといいます。今私たちのやっているVシネは、どちらかといえば既成映画からはみ出るニューシネマ側の作品のはず。ところが、個人的には、そのVシネでさえ、色んなことで行き詰まりを見せているのではないか、と最近思うようになっています。こんなプチな世界でもそれはあるんだなと。ならば、次の一手をどうするかを真剣に考えなければならないと去年から思うようになってきました。

そこで、自主製作でやってみたり、スタッフィングを変えたりして今チャレンジを進めているというのが自分の状況です。

 

昨日「電撃映画祭」を見させていただいた時に、多くのなじみのキャストからお声をかけていただいたのです。大変ありがたいことです。だが、「また出して下さいよ」と言われても、3年前、4年前のように勢いでキャスティングはできなくなっている。申し訳ない。だが、出て欲しい作品はきっと来る、こんなに作っているんだから。気長に待ってもらうしかない。

そして、行き詰まりを解消できそうなキャスト・スタッフ・アイデアは大歓迎。そこにはのりたいのです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、プロデュース作「メス猫 キャットピープルの誘惑」はそういう要素で作られてきた作品でした。つまり、行き詰まりを解消していって成立させた作品でした。

まずは倉持由香さんが出ている「飼い猫」というVシネが成績良さそうだった。だけど、マネするなら倉持由香さん以上の惹きを持つキャストにしなければならない。これは脱げるキャストにすることである意味解決できる。しかし、内容を当然同じにする訳にはいかない。そこでまずは行き詰まりがありました。

他の監督から手が上がらず、遊山監督と別件打ち合わせ時に、「飼い猫」みたいのをやりたいと言いました。そこで監督から出されたアイデアは「キャットピープル」ならできる、というもの。要はホラーです。これはビッグアイデアでした。

でも、私にはひとつ懸念がありました。正直前作「くノ一」はがんばった面白い作品ですが、セクシーは明らかに足りなかった(これは、あとで話を聞くと、撮影場所の問題もあったらしい)。監督の言うようにすすめると、本格ホラーにしすぎて、セクシーがおろそかにされるのではないかと疑った。

シナリオができあがると、コミカルなシーンも多くあり、バランスが良かった。セクシーも十分になりそうだった。

川越ゆいさんは、主演が続くので本当は模索したかったが、メーカーPの「猫に似ているからいいんじゃない?」という根本的な発言によって決まった。

 

そんな感じで、今までのプロデュース作は、監督や越坂のアイデアをメーカーに買ってもらうような空気が強かったのですが、本作に関しては、監督、越坂、メーカーPがそれぞれの立場で、行き詰まりを解消するアイデアを出し合った作品になったと思います。

ぜひ、その結果をご覧いただきたいのです。よろしくお願いします。

 

 

予告

 

 

メス猫 キャットピープルの誘惑

 

 

【2017.04.30 Sunday 19:38】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4/5「ホームジャックリバース」リリース

4/5「ホームジャックリバース」リリースされました。

 

今回は前作と逆転。女性二人が中年男性にあられもないことを色々します。

ま、◯アヌーリーブスの「◯ック◯ック」のセクシー過剰版といったところですね。

前作「ホームジャック」のターゲットが若妻だったのに対し、本作は元大学教授の夫になりまして、みんなから、そんなのウェルカムでスリラーにならない、というツッコミがきますが、いやはや、ここまでおもちゃにされたら嫌でしょ?という展開になっておりまして、楽しんでいただけるかと思います。

また、この世代の夫婦の男女の視点の違いのドラマも見どころかと。

 

久々に地方泊まりロケした作品でもありまして、絵もいつもと違った感じ。

 

下記は4/4に行われた試写会の記念写真

 

 

真ん中で美女二人に囲まれた私でしたが…

 

 

大学教授に奪われました。w

 

予告

 

 

ホームジャック

 

 

 

JCOMさんでも。

 
よろしくお願いします!
【2017.04.06 Thursday 09:29】 author : koshiy2010 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3/30「怖い 夢占いの館」リリース

プロデュース作、「怖い 夢占いの館」がリリースされました。

AMAZONではいいタイミングで春のタイムセール祭り、26%OFFみたい。

 

今回は「教科書にないッ!」の元AKB、森川彩香さん、現AKBの田名部生来さん、日テレジェニックの末永みゆさん、というオルスタック+夏目監督ではかつてない強力布陣! もはやトリプル主演と言ってもいいくらいの作品になっております。

さまざまな「夢占い」のエピソードを仕込みつつ、呪われた姉妹の運命を3話構成で描き出します。

 

実は、越坂的には、もっと明確に3話にしたかった。

ところがご覧になったらわかるけど、切れ目が「1」「2」「3」みたいな手抜きのようなシンプル感。最初「うーん」と思ったのですが、翻って見直したら、これ、ラース・フォン・トリアー監督みたいでかっこいいのですよ。

 

さらに、森川さんは登場シーンの80%くらい傷まみれの顔してるし、田名部さんは怪光線出すし、末永さんは廃墟みたいな家でレイプされそうになってるし、ファンのことをまったく考えない「攻めてる」映画になっております。

 

となると、ファンの間で、「よかったよねー」なんて話題になって売れる、ということはないわけで、ここはひとつ、このブログを読む変わった映画を見たいあなた、少女マンガ原作の若手出演の恋愛映画に飽きているあなた、にご覧いただくしかないのです。

そう、あなたのための映画なのです!

 

ぜひ、ヤマト運輸の配達員さんが夢に見るくらい、たくさん「ぽちっ」とご購入いただけたら幸いです。

 

予告


3/30リリース『怖い 夢占いの館』予告編 投稿者 orustaksoft

 

怖い 夢占いの館

 

【2017.03.31 Friday 23:20】 author : koshiy2010 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ストレンジデイズ」ゆうばりご報告

(中田寛美さんのFBより拝借)

というわけで、ゆうばりに行って参りました。

ありがたいことに「シネガーアワード(批評家賞)」というのをいただきました。セクシーな作品にも優しいゆうばりです。

 

みなさま写真提供ありがとうございます。

 

上映時登壇風景(1回目、スタッフの小林素直さん撮影)

 

上映時登壇風景(2回目、森恵美さん撮影)

 

受賞後の記念写真(奧嶋広太さんのFBより拝借)

 

さすがに堀田さん人気すごいです。

インパクトあるビジュアルもあって、2回目の上映は300の座席がほぼ満員。

ありがとうございます。
今回19年ぶりなのですが、ゆうばり映画祭をようやく本当に楽しんだ気がしました。
飲み屋は少なくなって寂れ感はそれなりにありますが、情熱は変わらず。
帰るふるさとみたいに映画祭が続いている、そしてそれを支えていただいているみなさまに感謝。

また19年後にお会いしましょう!w

【2017.03.07 Tuesday 15:05】 author : koshiy2010 | - | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
2/25「48hours」リリース、Amazonで瞬間的に1位とったのは本当?

ということで、この時間にようやくゆうばり準備を終えた越坂ですが、大事なことを言うのを忘れていました。

そうです、「48hours」リリースされました!
どうも、主演の初芽里奈さんの発売日に買ってね的なキャンペーンで、Amazon邦画DVDエロスジャンルで1位を獲得しました。ありがとうございます!
この作品、拙作「アイドル爆弾」(NETFLIXで見れます、検索してみてください)のセクシーバージョンとも言える作品。
爆弾を取り付けられた女子高校生が学校に監禁されて、はすずすためには性的な興奮度を高めなきゃならないという、R18ゲームにありそうな妄想全開の作品です。w
いつものリアルな監禁ものというより、少しコミカルな今はやりの青春映画的な空気も漂わせつつ、また、僕らの若い頃のノスタルジックな気分も満喫できるなかなか発見のある作品になったと思います。ロリセクシー女優として活躍し、今回Vシネ初主演となった初芽さんも魅力的。是非ご覧ください!

 

予告

 

噂のAmazonはこちら

48hours

 

JUGEMテーマ:映画

【2017.03.01 Wednesday 22:37】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP