俺ならこう撮る

映画監督・プロデューサー越坂康史の「もしも」の偏愛的映画感想と日常。
12/22より「プラネット・オブ・アメーバ」レイトショーinユーロスペース

SNSでがんばって書いていて、すっかりブログを忘れておりました。

ということで、最近の足跡含めての『「プラネット・オブ・アメーバ」の超まとめ記事+公開終了直前「プレイルーム」「スモーキング・エイリアンズ」感想付き、年内まだ納品残っているけど大丈夫か?スペシャル』を、長文でお送りさせていただきます。

 

 

まず予告

 

 

コシザカ的には11年ぶりの本格的劇場公開作品です。色んな劇場に断られたらしいんですけど、なんと、老舗のユーロスペースさんで公開していただくことになりました。ありがとうございます!

(まったくユーロスペースさんっぽくない作品。どちらかというと、残ってたらシアターNさんでやりそうな作品なんですが。w)

12/22から28日まで21時スタート。初日はこの記事を書いている時点で残り25席です。お早めにどうぞ。

http://www.eurospace.co.jp

 

そして、初日舞台挨拶に加えて、全回トークショーあり。

http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000310

下記でトークショー完全解説しているのでぜひご覧ください。18分20秒くらいから。

 

 

映画というのは、何にせよ、無謀な挑戦が必要だと思っています。今回はそれが「低予算でもSFを作りたかった」ということなんですが、それに巻き込まれた製作会社やスタッフ、キャストはたまったものじゃないですよよね?しかもアメーバが女性を妊娠させて地球侵略する話ですよ。主演、川上奈々美さんが

「脚本をみて、想像できなかったんですよ」

というのも無理はないです。他の出演者も手さぐり感満載だった気もします。しかし本当にこのバカな妄想につきあってくれた関係者に感謝します。
妄想とはいえ、作るにあたって個人的に3つの誓いをしました。監督らしいでしょ? それは「コメディに逃げない」「ファンタジーにはしない」「予算の3倍くらいはかかっているように見せる」です。少なくともこれは合格していると自負してます。
制作前のキャストとの会話「アメーバってCGか何かでやるんですか?」「いや、着ぐるみです。日本は着ぐるみです!」この会話がわかる人には、本作は一生に一度あるかないかの思い出の映画になると思います。
CGはハリウッドでも日本でも上手にやれます。トラッブコードなんちゃらのようなプラグインなら低予算でもできます。しかし、こういう低予算映画は、竹槍で焼夷弾と戦う姿を見せる必要があります。無謀です。お客様がその無謀な挑戦と妄想を楽しんでくれることを願って作りました。

 

そして裏話はこちらでもさせていただきました。

何とアメーバの中に入っていたのは、あの人でした。

 

 

そして、おかげさまで「プレイルーム」と「スモーキング・エイリアンズ」のトークにも参加させていただきました。

両作とも本日最終日。インデペンデントのチャレンジをぜひ劇場で。

どちらも、見た直後で、ちゃんと感想言えなかったので書きます。

 

「プレイルーム」感想

・『などわ』

都会と田舎の距離感が伝わるのがいいと思いました。例えば、名作と呼ばれる「湯を沸かすほどの熱い愛」は、それが残念ながら見えない。宮沢りえさんがどのくらいクルマを運転したのか、病院との距離とか。それが見えるとお話の力が変わるのに。そして、最後ファンタジーのように逃げてしまっているのがダメだったので。話は全然違うけど、本作には、その足りない所がわずかなショットで効率的に表現されていて、短編ならではうまさ、見やすさの詰まった作品だと思いました。

・『 L I O N 』

わかみほさんをいかに魅力的に見せるかに主力が置かれています。ストーリーらしいストーリーはありませんが、「プレイルーム」というコンセプトに最もあっている作品だと思いました。背景に映る工事現場が動いている所と止まっている所で、描き分けられていたり、画の構成がすごく考えられているので、刺激に自身を委ねたくなる作品です。5作の中で一番好き。

・『クローンハート』

わかみほさん主演のコンセプトにも関わらず、その上をいくであろう女優、佐伯日菜子さんを連れてきて、しかもクレジットの頭に持って来ちゃう大胆さ。「トメじゃないんだ」と思わず心の中で突っ込みました。脚本の完成度は必ずしも高いとはいえないのですが、力技でなんとかしちゃう。これって、いつも僕らがやってることだったりして、共感できます。

・『熱海の路地の子』

「拾ったビデオカメラ」と言っているが、あれは絶対、どこかで盗んだビデオカメラに違いない、と想像力を掻き立てる1本。いかがわしさが満載です。昔ハイロでやっていそうな、インデペンデントなんておしゃれな言葉がなかったころの「個人映画」とでもいうべき作品でした。これ、フィルムでやられたら最強になってたでしょうね。

・『Floating』

乾いた空気感。説明を極力省いているのに、子どものことがちゃんと伝わってくる脚本力にうまさを感じます。しかしながら、この夫婦がこの何年もの間、子どものことに対峙してこなかったことに対する説明は欲しい気はしました。何かの記念日なのか、突然感情が動くのです。そんなことを思っていたら、ラスト窓際にいるわかみほさんのパンツのヨコシマと窓のブラインドのヨコシマに、人生の隙間だけで見せているんだよ、のようなメッセージを感じて、そんなことを考えるのはこの作品にはふさわしくないんだな、と思った次第です。勝手な解釈ですが。

 

「スモーキング・エイリアンズ」感想

もうSNSなどでみなさんが評価されている、キャラ立ちとかアクションとかカッコよさはその通りなのです。作品のインチキさも格別です(褒め言葉です)。ただ、僕がちょっと気になったのは舞台が絵がわりしないので、もっとSFっぽいカタルシスのある大げさな絵が欲しいなとは思ったんですよね。それを一緒にトークに参加していた初咲さんにあとで言ったら、「それがないのがいいんですよ」と一刀両断されまして、映画の見方の狭さを思い知ることになりました。

そういえば初期のゾンビ映画なんて、世の中が大変なことになっているのが、ほとんど説明ゼリフだったりしたなぁ、と思い出したりして。

キャラ立ちはそれぞれの俳優さんの力や吸っているタバコの銘柄の違いもありますが、吸い方にもあらわれていましたね。タバコに慣れていないはずのしじみさんの吸い方が優雅で、そうだよね、この会社で不倫するならこの人にいくよね、という説得力になっていたようにも思えます。

 

ということで、最期までお読みいただきありがとうございます。

「プラネット・オブ・アメーバ」、22日より劇場公開もお忘れなく。どうぞよろしくお願いいたします!

 

【2018.12.21 Friday 12:55】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11/2「ホームジャック・カルテット」リリース、いまだから言う作劇の秘密

11/2「ホームジャック・カルテット」リリース

 

予告

 

ホームジャック・カルテット

 

ついにシリーズ4作目となりました。ありがとうございます!

今回の話題とみどころはこんなに!w

 

・範田紗々、出演Vシネ49作目!

・ゲストヒロインは白金れい奈!

・津田篤・朝霧涼、本格初共演!

・越坂組の秘蔵っ子まで登板!

・シリーズ初の4名監禁!

・TVドラマ「カルテット」のパロディあり!

・セクシー、シリーズMAX! ありえない◯神合体!

・ジャックの素顔が週刊誌に?

・そのグラビアに登場するのはあの人?小道具まで本気度高し!

・実はジャック初の◯◯シーンは監督ゴリ押し?

 

あれ、なんかだんだんゴシップっぽい見出しに。w

 

「ホームジャック」シリーズもそろそろ止まるかも知れないので、作劇の秘密を明かしましょう。

気をつけているのは、「幸せの絶頂」から→「悪夢の監禁」っていう流れは絶対やらない、と決めてきました。これは定番すぎるから。90年代のVシネで「監禁逃亡」という名作があります。結婚間際だったか新婚ホヤホヤの「幸せ絶頂」カップルの女性、葉山レイコさんが脱獄犯にレイプされて、拉致される。それを追う夫の刑事みたいなストーリーですが、これは90年代だから成立する話だと思うのです。

現代だったら、このカップルにも問題があって、その隙間にジャックの魔の手が伸びるのがリアルではないのかと。1作目では不倫カップルの情事中、2作目は妻との関係修復旅行中、3作目は仕事の失敗後に年下の彼と会っている途中、と常に、なんらかの問題を抱える渦中に、さらに最悪のジャックがやってくることを基本にしています。

4作目は、簡単に言うとカップルが2組になっていて、それぞれに思惑があります。しかしながら、その糸と糸とが絡まってみたいのは、それこそ「カルテット」みたいな企画・脚本チームに任せて、拙作は、どっちかというと、絨毯爆撃でとりあえず焼け野原にするという、いつもながらの無責任展開にしております。w 優秀とは見られなくとも、テレビじゃ絶対見れない爆発力のあるものを目指しています。

また、シリーズを通じての何か共通のシチュエーションも意識しています。「ホームジャック」はやはり食べ物。サバイバルであり、性欲に直結するようなイメージが喚起できるんじゃないかと思って。1作目にジャックが朝食を作るシーンがあるのですが、これがジャックのキャラクターを決めていると思います。ジャックほぼ不在の2作目にしても、ワインやバーベキューが重要な小道具として出てきます。3作目は年下の彼が料理上手の設定で、しゃれおつ(死語?)な料理が並びました。そして4作目ですが、まぁ、期待を裏切るオリジナルな展開にしてみました。w ここもご注目ください。

作品テーマは、すごくスマートにいうと「新しい自分の発見」っていう、ルミネさんがコピーにしてもおかしくないようなことなんです。今回もそれは同じなんですが、ラストシーンの範田さんの表情に息を飲みました。「新しい発見」をさせてもらいました。

 

11月3日はビデオの日なので、ぜひ!

 

【2018.11.01 Thursday 16:32】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「カメラを止めるな!」あえて苦言を呈してみる
めちゃブログごぶさたです。
ようやく「カメラを止めるな!」を見て参りました。ネタバレありです。

今や、業界や映画ファンの間で「カメラを止めるな!見た?」は挨拶言葉になってしまうような旋風をまきおこしております。これは低予算映画制作者にとっては、なかなかのジャパニーズドリーム。素晴らしい現象だと思いました。

作品も凝っていてよく考えられているし、なんといっても、かつて拙作にもご協力いただいた撮影の曽根さんの神がかったワンカットカメラワークは奇跡でした。

私も見た直後はそれなりに興奮状態に包まれていたわけですが、なんでゆうばり映画祭ではコンペじゃなかったんだろ?と思い始めて、あることに気がつきました。

そうなんです。この映画に足りないのは「棘」なんです。ま、もともとインディーズというより、ワークショップ映画なんで、それを求めるのは筋違いなのでしょうけれど。何か言葉にできない物足りなさを感じていた私ですが、これで多少解消されました。

まず、突っ込みどころは多くあります。ホラー映画チャンネルの開局生放送特番になんで再現ドラマ監督がいきなり抜擢されるのかとか。僕がプロデューサーだったら、まず白石晃士監督あたりから交渉して、夏目大一朗監督まで、たぶんぶっちゃけみんな断らないよね。w
それはともかく、エンターテイメントとして泥臭い結末を考えたら、発注した側がギャフンとなるようなエンディング、少なくとも現場にいたイケメンプロデューサーにゲロぐらいはかけたくなるのですが、本作の場合は、家族の絆と生放送をやりきった高揚感の方を主軸においたエンディングを選びましたね。
監督が暴走しかかる所も自制してしまうわけですが、かつてのインディーズ監督なら、あそこで狂って暴れてくれると思うのです(石井岳龍監督や園子温監督を思い起こしてください)。それをやらないところは現代的な味ではあるんだけども、ずいぶんと平和的な解決をしているなぁ、いわば「作品も成立させ、家族の絆も取り戻した、それでいいじゃないか」という主張なんですよ。これが寂しすぎて。棘を抜かれた現代日本人の幸せってこんなものなのかと思ってしまいます。
とはいえ、そういう映画だから当たっているのも事実なんですよね。
同じ反復ものなら吉田恵輔監督の「机のなかみ」の方が毒があり刺々しいですね。あれ、DVD誰かに貸してもどってきてないなぁ。w
【2018.08.18 Saturday 12:14】 author : koshiy2010 | 日本映画2018 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「監禁惑星アメーバ」inゆうばり映画祭
3/18拙作「監禁惑星アメーバ」上映でゆうばり映画祭に行ってきました。
ご来場いただいたみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました。

17日入りだったので作品はあんまり見れませんでしたが、簡単に感想。
「積むさおり」
夫婦生活をダークファンタジーっぽく描いていて面白いんだけど、タイトルが地味だと思う。
「ゆうばりアーカイブB」の「ゆうばり新発見!大発見」
やばい、バブル後期の夕張は、まるでディズニーランドのようだ。まさに歴史的発見。
「反逆映画祭」の「サイキッカーZ」「ウエポンズ」「店番」
ヒーローもののヒーロー登場シーンだけでほぼ構成されている「サイキッカーZ」は面白すぎ。
「アイドルスナイパーNEOvsパンダスナイパー」
アイドルスナイパー役の人が動いている方が魅力的だけど、アイドルの割に最初から目がスナイパーすぎて、w
その違和感は逆に魅力なのか?
二人ともセリフらしいセリフがなく、範田さんモノローグのみで進行するのは新鮮だった。
「痣」
サスペンスがあってよくできていた。引き込まれる。なのにこれもタイトルが地味だなぁ。

フォトセッションでクラウドファンディングのチラシを持ってアピール。ほぼ見えない。w

舞台挨拶の様子。
一応、ギャグもかましてみましたが、ほぼうけませんでした。泣
でも、去年より余裕ありますね。



こちらは出演のみなさまと久保プロデューサー。


メロン熊にも襲われました。


来年は作品間にあわないかなぁ。
下記でもクラウドファンディング視点で記事書いてます。
100万円目前、100万円踏むのはどなた? 知り合いだったらお酒おごります。w
あと2日です、よろしくお願いします。
【2018.03.21 Wednesday 15:20】 author : koshiy2010 | 雑記・日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「リバーズ・エッジ」がんばってる、なんか違う感もある、でも見てほしい

超ひさしぶり映画感想。

忙しいんだけど、素材届かないので。w

 

なんとか強引にスケジュールやりくりして「リバーズ・エッジ」を見る。

別に二階堂ふみの裸が見たいわけではない、あの細い線の透明感のある漫画がどんな風に映画になったのか見たかったのだ。

今までよく、漫画原作ファンの方が映画化された作品に、イメージが違うと感想を書くのをよく見かける。私はあまり漫画を読む人間でもないし、どちらかというと、漫画は漫画、映画は映画で楽しめばいいじゃん、的に思っているタイプだった。

 

しかしながら、この作品はそう見れなかったなぁ。w はじめて原作ファンが映画にもの申す気持ちがわかった。

元々、私は行定監督作品の予算と物量のあるものは大丈夫なんだけど、そうでないのは苦手なんですよね。

ということで自分の心を整理する意味も含めて「がんばってる」と「なんか違う」にわけてお送りします。

 

「がんばってる」

・画面が4:3

 90年代だからというので面白い。ただ、それはテレビだよね?とも突っ込みたくもなる。90年代の映画は今の16:9にほぼ同比率のビスタサイズが主流だったから。

 ただ、漫画のコマ割を映像化する時に4:3の方が印象を近づけられる気もしている。チャレンジとして面白かった。

・吉沢亮さんと土居志央梨さんがよい
 吉沢さんの人を寄せ付けない雰囲気、土居さんのエロさはすごいなぁ。
 土居さんって誰かと思ったら「赤い玉、」の方なんですね。垢抜けたなぁ。
・エロさは漫画の10倍です
 先に日活やってたせい?なのか、増量しておりました。w
・大田区の河川敷
 この映画見る前にあのへんを歩いてて、本当に「リバース・エッジ」の死体がありそうだな、と思ってました。
 やはりあそこか、と感動してしまいました。
・クライマックスの火だるま
 さすがに一流のチームですね、映画ならでは見せ場をつくります。

「なんか違う」
・主人公ハルナ
 もっとかっこいいはずじゃあ。w ファッションもそうですが、ぬいぐるみとか持ってインタビューとか拍子抜け。
・そもそもインタビューって
 わかりやすくしようとしたのかしら。私はダメでした。少なくともハルナのインタビューはいらないよね。
 あのインタビューは漫画の黒地に白文字のナレーション的な部分を補完するために使うべきだと思いました。
・撮影、編集
 本当は全編モノクロ・ワンカットワンシーン「ストレンジャー・ザン・パラダイス」みたいに
 つくればよかったのに、と思うけど、今の時代に多くのお客様に見てもらうには難しいんでしょうね。
・メインスチール、広告ビジュアル
 川を見せようとすれば、俯瞰の鉄橋となるということか。
 もっと秘密めいた場所を思わせる写真が撮れなかったんだろうか。

結論。いろいろ書いたけど、花火大会に告白するような青春映画しか見ていない若者に、ぜひ一人で見に行っていただきたい。
デートムービーじゃないからね、一人で見るべし。
【2018.03.10 Saturday 13:22】 author : koshiy2010 | 日本映画2018 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学校に原発ができる日 [DVD]
学校に原発ができる日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

3.11以降の日本を描いた風刺映画。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART2 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD]
俳優になりたい君たちへ PART1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

新人俳優向けのハウツー、なぜこれがなかったのか? 目から鱗必至ですよ。
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP